そうそうパイプ磨けば

2010.10.6

私はシャーリー。
シャーリー、暴露すると、昨日大腸内視鏡検査を受けた。

はじめて受けたのが、3年前。
それから毎年この時期になると、近所の受診した病院からお誘いのお手紙がくる。
2年間無視してたけど、今年はその気になった。

去年の12月くらいから水を流すと流しの穴からぽっこん、ぽっこん奇妙な音が、
まだ、築7年の家・・はて?
だんだんその音は大きくなる。   

でも、めんどくさい、やっと業者にきてもらったのが、3月。
結果、下水道のパイプの流れが細くなって空気が出場所がなく、ぽこぽこ音をたてていた。
仕方ないから、思いっきりパイプの掃除をしてもらった。

すっきりパイプはきれいになった。   
次の日、本屋さんで「断捨離のすすめ」に出会った。

そして、6月に初めてセミナーに参加して、ああ~~そういえば、下水のつまりを直したからか?
断捨離が流れてきたのは?今年これにはまっている。
断捨離は見えない世界と見える世界がつながっている。

こころとからだはつながってる。
ぽんさん教えてくれた。

「見えない世界と、見える世界どちらを変えられる? 変えられる方に焦点あわせようよ。」
先月、胃痛で絶食、漢方薬をすするはめになった。
今度は腸のパイプをきれいにしてみたくなった。

もう、どんな発想、ほんと極端なんだから・・・あきれて、笑って。
おまけに、検査の2.3日前は、もし、結果が悪かったら・・を想定してどきどきも感じてみた。 < 体、整いました. どんなこころやってくる?  なにが来るか・・・「信じて期待せず。」ぽんさんの声 はい。