わくわくがいっぱい

2011.07.27

私はシャーリー。
7月ダンシャベリ会(火)。

まさこさん
検案のクローゼットにお蔵入りしていた遠赤外線ドーム型サウナを友人宅に、家電宅配便でやっと送ることになった。
このしろもの10年以上もクローゼットの大奥の主になっていたよう。 

友人に渡すにいたっては、使えるかどうか販売会社に電話したり、
宅配業者に問い合わせたり大きなアクション起こすことになった。

おまけに、まだ使えると分かったら、やっぱり使おうかしら、
友人にあげるのちょっと惜しくなったりとか、わかるわかるその気持ち。

しかし、思い直して「捨」。   
クローゼットの奥に風が届きそうですね。
rihoさん、以前から溜め込むこともなくきれいに片付いている状態の方。
だから、セミナー後も、皆さんのようにそんなに変わったことはないと,
メールいただいていたことも。

しかし、今回のご報告は、
神仏にまったく興味がないと思っていた自分が、
突然、人生初お参りに伊勢神宮に。

そんな流れもありで、周りの人間関係にいろんな展開が、以前の私はこんなじゃなかった。の連発。
なにか、自分の壁がなくなったような感覚。
そして、今度、遠距離のお目当ての男性とのお食事が成立。
   
一同歓声と拍手。
そして、rihoさん恋人になる人はその人でもいい、その人でなくてもいい。 
 
断捨離的お任せ感、解ってらっしゃる。
そこでまたまた、拍手。

そんな、わくわく、ときめきいっぱい来る人生がいい。      
それが、断捨離ワールド。
rihoさんステキ。