伊勢の風と出会う

2011.09.11

私は、シャーリー。
シャーリー大阪から伊勢へ。
伊勢は、35年前、学生○○王座決定戦に2年連続出場している、そして王座についている。ハハ・・・忘れていた。
伊勢神宮の外宮
 
そして、内宮

外宮と内宮とでは、全然感じが違う。  外宮はかなり控えめな静かな気。 内宮は、おお~明るい気。 
今回は、しっかりガイドをお願いした。
私を乗せて走る神力車の祥平さん
    
人力車をひいて日本1周し、2000人の人と出会い。 人との出会いを大切に新しい風を起こそうと、風プロジェクトを運営。
好奇心旺盛のシャーリーは、初めて人力車に乗って、伊勢の町を走る。
感覚セミナーを受けたばかりの私は、感覚器を全開にし、風を感じた。
ひたひたと走る祥平さん、あのやわらかな振動と風は地下足袋のせいなのか?
あの人力車の高さもいい。 人の視線もある。 ちょっと特別な存在に感じる。。
なんとなく自己肯定感が上がる。
なんとも癒される風だ。   人力車なかなかすごいものかもしれない。
この前夜は、彼と仲間達3人と、遅くまで話が弾んだ。 寝たのは3時!
若い彼らも、想いをモノに込めそのモノを捨てられないと語りだした。
大切な大切な過去の想い。 でも、もう新しいことに進まなければ・・・。と、わかっている。
「そのモノがなくなれば、あなたのその思い出は無くなってしまうの?」と、問うてみた。
「・・・・いいえ、返って心の中で強まると思う・・・。」と。 気づいてくれたようです。
それでも、のたうち回る彼。   ふふふ・・・とてもとても純粋で、人間っぽい。
目に見えない想いを目に見えるモノに込める。
そして、それを手放すことは、その想いがなくなることと思ってしまう。
目に見えないモノは、目に見えない形で十分存在してることを信じきれてないのですね。
断捨離は今の自分を手放していくこと。  新しい自分を迎え入れるために。
さあ、彼はその後モノを手放し、新しい風に向かってくれたかしら?
伊勢の神様に、『断捨離談義』聞いてもらっちゃった。  おそれ多くも

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!