あれ?家族は協力的。

2011.10.22

ごきげんさまです。
断捨離正規トレーナーだんようこです。

ダンシャベリ会

サマンサの気づき
収納力たっぷりのサマンサのお宅、
その収納スペースは、長い年月でモノは溜まりミルフィーユ状態に
重なっていたと。

もうどこになにがあるかは定かではなく、ご自分の管理能力を超えていた。
家族が、あれはどこ?といちいち聞く・・・探す。
学校に行く直前などに聞かれると、もうパニック。
見つからなかったらどうしよう・・・・私のせいだ・・・と、責任を感じる。

断捨離してから、家族が聞かなくなったことに驚いた。
自分で分かるらしい。
ムダなエネルギーを使うこと、自分を責める事もなくなった。

家族との共有の場
洗面台の上も今は何も置かれていない。
そうじが簡単!と、でも長い習慣、家族がまたもとに戻すのでは?
出ていたモノを、中に収めたので、
あれはどこ?と聞かれるのでは?と思っていたが、なにごとも起こらない。
あれ???なんですんなり受け入れられてるの?

うちも同じ。

以前、こんな感じ。

今。
 

うちは石鹸派、スポンジ製の石鹸置き(これ母の教え)は、
洗面台を毎日シャカシャカと磨くのに重宝している。

私も最初は、家族が何か言うかなぁ・・・と思っていたが、何事もなく現状維持。
やっと、きれいにしたか・・・なのか? まったくの無頓着か・・・?

現状維持は、協力的と認識している。   ありがとう。

11月26日やましたひでこさんの1DAYセミナーin福岡の翌日
27日に『福岡断捨離会』発足記念講演会&同窓会を開催いたします。

内容について知りたい方はこちらから。
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11046078518.html

シャーリーによる『断捨離レッスン』&10月ダンシャベリ会
参加者受付中です


人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!