片づけさせたい、片づけてもらいたい。

2011.11.7

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

人は、自分のモノより、人のモノがゴミに見える。
まず、片づけようと思った時に、主人のあの本が多すぎる、
子供のおもちゃを捨てさせなければ、子供の部屋を片付けさせたい。
こんな言葉を聞く。

ある方が、娘の部屋がゴミ置き場状態、
片づけさせたいが、言うと反発。
今では部屋にも入れてくれない。

きっときれい好きなお母さんに、小さい時から片づけなさい。
きれいにしようねと言い続けられた。
やさしいけれど、過干渉な母。

母はいいお手本にといつも一生懸命きれいな家を心掛けた。

「捨てさせられる」ことほど、厭なことはない。
 
自分のモノを、他者から「捨てろ」「捨てろ」と、
迫られることほど、辛いことないし、
それどかころか哀しいばかりに腹立たしいはずです。 
 
それは、相手が、子であり、親であってもです。
 
なぜなら、それは価値観の押し付け。
押し付けられた価値観には、受容などなく、
反発ばかりが生じます。
 
私たちは、尊重されていると感じた時、
その相手の価値観に、耳を傾けようとする

それは、あなたを尊重していますよ、というメッセージをおくること。
それは、「強制」ではなく、「自発」を促すメッセージであること。
                        (断捨離メルマガより)

部屋を片付けることは、正しい、お母さんの言うことは正しいと
分っている、でもそれができない私。  ダメな私。
おかあさんに認められない私。   
そうやって、ますます部屋にはモノが増え、ゴミは増える。
母の視線・・・部屋に籠もる。 

おかあさんが、自分の価値観を押し付けていたんだ、このことに気づく。
それが、スタートですね。


12月 シャーリーによる 『断捨離レッスン』

 日 時     12月1日(木)、8日(木)、22(木)   11:00~13:00
 定 員     6名
   
   
ただの「片づけ」ではない片づけ。
片づけない「片づけ」と言われる断捨離。

さあ、もっとを目指し一歩踏み出していきましょう。

◆講師 やましたひでこ承認・断捨離正規トレーナー  Sharlyこと 檀葉子

◆お申込み、お尋ねは  sharly55@mail.goo.ne.jp  詳細を返信いたします。

ダンシャベリ会は、どなたでもどうぞ。

◆11月のダンシャベリ会

11月15日(火)  11:30~
11月19日(土)  13:00~

参加費はランチ代  1000円ほど。
場所   薬膳レストラン「天地・礼心」http://shokuyokan.com/

参加ご希望の方は、  sharly55@mail.goo.ne.jp まで。



人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!