かつてはご主人のモノなんだけど。

2011.11.17

ごきげんさまです。
断捨離正規トレーナーだんようこです。

11月のダンシャベリ会

ちろさんは、お宅のメインの場所
居間の収納庫の中が、片付いていないのが気になっている。

もっとも使い勝手のいい場所にありながら、中にはほとんど日常
必要としないものばかり、ただの物置となっている。

その中に、お姑さんがご主人の子供の頃に使わせようとしたが
結局、使うことのなかった英語のリーディングのカードと機械。
かれこれ、30年前のものを渡された・・・あちゃぁ。

音もすでに、「いい発音。」と聞き取れるものではない。
たぶん、そうとは知らず、お姑さん、孫に託した・・・・わ~お!

託されたちろさん・・・・捨てるわけにはいかない・・・・ご主人のものだから。

たしかに自分のモノではない、そしてすでに、ご主人のモノともいえない感じ。
でもそれも子供に、使うか使わないかの場面を任されたのはあなた。 

使えない、使わないと思っているあなたがいる。 

ダンシャベリ会で、みなさんの話を聞いているうちに、
押し込めているだけだったこの英語教材、
主人、子供さんの前で、一度使ってみます。
そして、主人に聞きます。 と、次の行動にでることをちろさん宣言しました。

お姑さんのこと、きらい?と、問うてみた。
控えめのちろさん、お姑さんとはいい関係とのこと、
お姑さんも捨てられず、だれかに譲ってすっきりしたかっただけと解釈し、
それを引き受けてくれたいいお嫁さんに意図的になってあげてもいいですね。

週末はお姑さんの誕生日、プレゼントを持って家族で帰郷されるそうです。
プレゼントは、もう決まった?

12月のシャーリーによる『断捨離レッスン』については、こちら。

◆11月のダンシャベリ会


11月19日(土)  13:00~

参加費はランチ代  1000円ほど。
場所   薬膳レストラン「天地・礼心」http://shokuyokan.com/

参加ご希望の方は、  sharly55@mail.goo.ne.jp まで。



人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!