芽吹いたダンシャリアン達に・・・。

ごきげんさまです。
断捨離正規トレーナーだんようこです。

断捨離を自分のライフワーク、主義、またはポリシーに、
していこうという人達をダンシャリアンと呼んでいる。
まあ、よく知られた菜食主義の「ベジタリアン」という使い方と同じなのだが。


断捨離通信講座
も始まり、都心のセミナーに足を運ばなくても、
全国どこでも、いつでもやましたひでこさんの講座を聞いて、
始める事がことができる。
きっと、独りダンシャリアンが増え続けていることだろう。

そして、自分の断捨離を確認し
継続していくモチベーションを燃やして続けてくれるのが
ダンシャベリ会

金沢の「弥生のダンシャベリ会」をmomoさんが、紹介してくれた。
momoさんのすごく読みやすい素敵な文、 是非読んでください。

福岡のダンシャベリ会も、セミナーを受けたことがないけれど・・・。
と、新しいダンシャリアン卵さんや、
自己流で3年やってました。 の、ダンシャリアンさんが、
来てくれるようになりました。

先週、芽吹いたつくしが、今週は天を目指して伸びていくよう。

これは、アリさん目線・・・・。   アリさんはまだ出てきてないか(+_+)

さあ、春です。  芽吹いたつくしのように、ぐんぐんのびていきましょうか。

まずは、ダンシャベリ会にどうぞ。
4月は福岡3回北九州でも始まります。

◆福岡断捨離会イベント
スペシャルだんしゃべり会は「本道さんのミラクルランチ」
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11113697670.html

◆4月のダンシャベリ会はこちらから
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11180033610.html

◆4月のシャーリーによる「断捨離レッスン」はこちら
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11094733255.html

◆ 『だんしゃりあん 知恵袋』募集してます。
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11128974733.html

人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです! 
   ↓

にほんブログ村




関連記事

  1. 大事な「くだらない違和感」を拾うこと

  2. 日本の住まいの美は「空っぽ」

  3. 勇気をもって捨てたあとにやってくるもの。

  4. 大阪城は、ステキでした。

  5. 柳川の断捨離ルームで、断捨離3回コース。

  6. 片づいたら自分は何をするのか?考えていますか?

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
3月
19
11:00 AM 2020年3月、東京『断捨離®めぐる実...
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実...
3月 19 @ 11:00 AM – 2:00 PM
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』                 ・木曜日コース  3月19日、26日、4月 9日     ・土曜日コース  3月21日、28日、4月11日 満席になりました                         時間は、 11:00〜14:00   会場 :未定(後ほどご連絡いたします)    参加費:45,000円  お申し込みはこちら https://ws.formzu.net/dist/S41193280/   【講座内容の詳細】 断捨離の基礎を学びながら21日間の継続実践を仲間とシェアしながら、断捨離の考え方を身につけていきます。   本来、この実践コースは、初めて断捨離に取り組む方を対象にしていました。   今回、東京では、断捨離実践1年以上の方を対象に参加募集いたします。(自己申告で大丈夫です)   1年以上、断捨離に取り組まれて、あらから土砂を出したと思われる方。  自分軸空間軸自在軸  いよいよ、そこへ進み、そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。  〜〜〜〜〜〜〜 断捨離のテキストの内容は、 モノとの関係Ⅰ~Ⅴ空間軸Ⅰ~Ⅲ意識Ⅰ~Ⅱ   実践3回コースは、まずは、徹底的にモノとの関係を問い、モノ軸から自分軸の確立をめざします。そのトレーニングが、実践です。    そして、だんだんと自分軸で考えることができるようになると、モノが減って、家が片づいてきてスッキリします。実は、それは、断捨離の目的ではありませんね。    それは、ほんの序章。 序章入り口かもしれません。断捨離の目指すは空間創り。    空間創りが生活に、人生に、自分のあり方に、自分の生き方に、反映していくのです。    なので、今回は、東京では、空間軸Ⅰ~Ⅴ、意識Ⅰ~Ⅱのほうに重点を置いてみようと考えています。    私はまだまだ先だわと思う必要はありません。    同じ裾野をぐるぐる回ってばかりでは、なかなか自分の場所は、自分ではわからないモノです。ちょっと高みと思われるとこから眺めてみるのもいいかもしれませんね。 キャンセル待ちは、こちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/