受け継がれる「もったいない」

2012.07.7

ごきげんさまです。
断捨離正規トレーナーだんようこです。

昨日の続きですが、
今回講演させいただく小学校のPTA役員さん。
子育て真っ最中で、子供との関係をよりよくと
向上心が熱い。

にわか断捨離レッスンをさせていただくと、
次々と、捨てられないモノを披露してくださった。

子供が使ったあとのちびた鉛筆。
キャップをはめて、使おうとする私。
そんなに鉛筆使うこともない。
でも、たくさん取っているのです(笑い)

え~~!驚いた。
それは、私の母の時代にしていたこと。
もちろん、私もやった記憶がある。

私より20年は若い世代もやっているのですね。
母の時代からしたら、50年。 いやいや70年。
どんだけ物が増え、
手に入りやすくなったにもかかわらず、
まだ使えるから・・・、
モノ主体の「もったいない」は、
ずっと、続いている。

母から娘へ、家(家庭)の中で受け継がれた観念は、
とても強い。
いろんなケースで、今直面している問題ですよね。

いやはや、愉しい。
断捨離の視点、どんどん披露したくなっちゃいます。

 

明日は、もう一つ愛おしいお話聞いてくださいね。

 
川畑のぶ子さんの『メンタルの断捨離』in福岡
エントリーが始まっています。

  詳細はこちら ?
http://www.yamashitahideko.com/seminar/0929kawabata_entry/

◆7・8月の福岡のダンシャベリ会はこちら?
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11180033610.html


7月28日広島のダンシャベリ会はこちら?
http://ameblo.jp/yoshikocream/day-20120612.html

人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!
   ↓

にほんブログ村