この習慣、手放せますか?

2012.10.19

福岡断捨離会のメルマガバックナンバーを
お届けします。
第8号2012/3/30発行分です。

やましたさんのセミナーは、同じものは一つもない。
何度
も経験したけれど、その時そこに集う受講生さん達によっても
話がどんどん展開していく。

だから、あの時だけの大阪セミナーのこと
とてもお伝えしきれないけれど、3回目、聞いてください。

断捨離ベーシックのセミナーでも、
環境が与える影響の一つ、
言葉の使い方について教えていただいた。

言葉は、アッパーだったり、ジャブだったり。

二重否定の言い方だったら、ダブルパンチ。

そのことで、いつも知らないうちに自分は傷つき、
自らも傷つけてきた。

悩みを考察する上でも、自分がどんな言葉を使うかで、
自分の価値観が、わかってくる。

自分がなにを拒否し、なにに許可をだし、
なにに不許可をだしているかが、言葉によって診断できる
言葉の使い方は、自分の価値観が基準となっているから。

でも、だって、しかし、無理、どうせetc,
~られない(捨てられない)

セミナーに行かれない。
行きたくない・・・ならわかる。
行かれない。・・・自分が許可を出していないだけ。
その言い訳を、だって主人・・だって子供が・・だって時間が・・だってお金が。
セミナーに来ている人達は、自分に許可をだし、
主人を、時間を、お金をやり繰りしてきている。
その差はなに?
自分はどうしたいのか?
自分が許可を出しているか?いないか?

そして、せっかくという言葉、
それだけでは、意味をなさない言葉。
せっかく、あるから。
せっかく、~したのに、
せっかく、あの人が誘ってくれたから。
せっかく、買ったのだから。
せっかく、してあげたのに。

済んでしまったことに対する、究極の他人軸。
今の自分の気持ちに添わず、済んでしまったことを思い、
無理をしているとしたら・・だんだん不満になってくる。

私達は、できない理由探しをすることが多い。
夫が片づけない、姑がいるから、仕事が忙しいから・・・愚痴だけが続く。
そのできない理由にしがみついているのは自分、
できない探しにしがみつく自分。

そのしがみつく思考を手放し、
できるコト探しをするのがダンシャリアン。
いつも愚痴を繰り返しながら、そのままでいる人生と、
できるコト探しをして、
今より少しでも変わろうとする人生どっちが好きですか?

今の運命を変えたかったら、言葉を考え、言葉を変えよう。
それは、自分に許可を出していくための着手点。

悩みの根っこは、
許可の出せない自分への不満のようですよ。

人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!   ↓