手放そうかな・・と、思った時は。

2012.11.14

福岡断捨離会のメルマガバックナンバーを
お届けします。
第16号2012/6/28発行分です。

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

初めて『断捨離レッスン』に参加した時は、
なかなか捨てることができず、
遅々として進まずだったMさん。

前回の、
「私は、自分に本当好きなモノではなく、
そこそこのモノしか与えていなかった。
これからは本当のお気に入りを買います。」
という宣言は、
彼女にとっては、大きな気づきだったのですが、
捨てるのはお気に入りが見つかってから。
と、先送りでした。

そして、一週間後のダンシャベリ会に
来て報告してくださった。

捨てられなかったのは、
自分が結婚前に働いて買ったアクセサリーの類。

あのあと思い切って手放したら・・・3万円になりました。

おまけに、長いこと保管していた箱類が無くなって、
その場所がもうすっきり!
お気に入りを手に入れる資金も入り、気分もごきげんです。
と、いうことでした。

続いて報告してくださったTさんも、
手放したら、とんとんと最高のものに出会ったそうです。
子供さんが、体調を崩し布団を汚してしまった。
自分が結婚する時、おかあさんが買ってくれたモノではあるけれど
クリーニングに出してまで使うか?と、考えた。
どうせクリーニングに出している間、寝るふとんはない。
決心して、ずるずる引きずって速攻処分場に持ち込んだ。
その日は、掛け布団や毛布を引いて寝たそうです。

翌日、布団を買いに。
そこで、今まで気がつかなかった『整圧布団』と巡り合った。
思っていたより値段は張るけれど・・・睡眠の大切さは知っている。
働くご主人のためにも思い切ってその布団を買うことに。
配達
もその日にうちにしていただけて、
とんとんと欲しいものが待っていたように手に入った。
ご主人も寝心地がいいと、喜んでくれたそうです。

Tさんも、かなりのダンシャリアンではあるけれど、
一晩布団がなくてもなんのその。  いや、たくましい。
布団の問題は、たったの一日で解決したことになりますよね。
手放すことをあれこれ悩んでいたら、
きっと私でも1・2か月は悩んでいたでしょう。
気持ちも、時間も取られ、挙句の果ては先送りとかね。

どうも、手放そうと思った時が
次のモノが来ているタイミングなのかもしれませんね。
T
さんに再確認させていただきました。

「出入口」、「呼吸」の例えは、
出すのが先で、入れるのはその後ということですね。

また、澱んだバケツの水を澄んだきれいな水にするには、
ほんの1センチでも元の水が残っていたのでは、
きれい
にならない。
やはり全部捨てて、入れ替えなければ
決して澄んだ水には、ならない。

滞ったものは、早く出してしまったほうが、
きれいになりますよね。

いえいえ、急がせているのではありません。
手放そうかな?と思ったら思い切りも大切です。

断捨離には、自分が考え及ばない流れがあるようですから。

人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!
   ↓