なにがほぐされる?

2013.02.26

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

神秘のお水の温泉に浸かり、
ヨガを共にして、
ほぐしにほぐされたカラダと頭。


カラダがほぐされるとともに
思考もほぐされ絞り込まれて、
鮮明になってきた。

そっか。まさにその境地。
昨日の断捨離メルマガ読まれていない方に
送ります。

━─━─━─━─━─

ダンシャリアンの皆さま、ごきげんさまです。
断捨離のやましたひでこです。

この週末は、2泊3日の「断捨離」合宿。
和歌山県橋本市神野々「ゆの里」にて。

ここは、不思議な水のあるところ。
ここは、神秘の水のあるところ。
ここは、奇跡の水のあるところ。

そんな水をたっぷりと飲みながら、
そんなお湯にどっぷりと浸りながら、
カラダとココロをほぐした3日間。

そして、さらに自分のカラダの言い分に耳を傾けながら、
ヨガも存分に愉しんでみたり。

そうですね、身も心もすっかり柔軟になったのであれば、
いったい自分にどんな変化が訪れてくるのでしょうね。

ああ、これからさらに加速するであろう
その新陳代謝に、気持ちは躍るばかりです。

はい、ダンシャリアン、断捨離仲間のあなたへ、
今日は、やましたひでこからのメッセージ。

そう、暮らしを溢れる笑顔でいっぱいにするために。
そう、仕事を勇気ある挑戦で満たすために。
そう、人生をより果敢に生きていくために。

◇◇◇

もしも、自分の人生の展望が、
限定的にしか考えられないのであるのなら、
それは、思考に偏りがあるから。

もしも、自分の暮らしには、
変化が乏しいものだと感じているのなら、
それは、視点が限られているから。

もしも、自分の表情が、
いつも同じように固いものであるのなら、
それは、気持ちがほぐれていないから。

そんなふうに思うのだけど、
どうでしょう。

私たちが、自分の日々の暮らしを、
なんとなくつまらないと感じているのであるならば、
それは、自分の人生全体を面白くなくしているのと同じ。

つまらないと感じる自分から、
自らの力で面白い人生をクリエイトしていくためには、
どうしていけばいいのだろう。

「偏った思考」
「限定された視点」
「固い気持ち」

それらカタチのない見えない領域が、
自分の生活や人生から、
ゆとりや豊かさを奪っていくのだとしたら、
私たちは、どうしていけばいいのだろう。

やましたは、こう思うのです。

カタチのない領域の思考や感情へのアプローチは、
身体というカタチある世界の次元から。

身体の偏りをなくしていくことは、
思考の偏りをなくしていくこと。

身体の可動性を高め広げることは、
視点を高め広くしていくこと。

身体をほぐしていくことは、
かたくなな気持ちをほぐしていくこと。

だから、私はそれを実践しています。
毎日の暮らしの中で、少しでも、ひとつでもと。

それとは、ヨガ。

よりしなやかに、もっとたおやかな身体へと。
より深く、もっと豊かな呼吸へと。

そうなふうに、私を導いてくれるヨガを。

そうですね、断捨離とは、
どこまでも原点がヨガにあるのだから。

有難うございます。
あなたとのご縁に、いっぱいの感謝を込めて。

やましたひでこ

カラダからのアプローチ
笑う呼吸法です?
おかしくなくても笑う「断捨離ヨガ」&喜ぶ春のダンシャベリ会(シャーリーのQ&A)
日時 3月4日(月) 11:00~14:00
 参加希望の方は   sharly55@mail.goo.ne.jp
詳細を返信いたします。

◆ 3月 7,14,28 日のシャーリー最後の『断捨