へやにアリがうじゃうじゃ!

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

ありが、部屋に1匹、2匹だったら、
詰まんで取り除くことはできる。

 でも、それが、部屋に100匹、200匹、1000匹
うようよいたら、逃げ出したくなる。

そんな、セミナーのくだりを思い出す。

そうなんです。
3日前に、キッチンのカウンターに、
ありさんが、1・2匹いたんです。

 

え~~、今まで一度もありが
家の中に入ってきたことなかったのに・・。

 

そして、翌日・・・・・!
もう、うじゃうじゃ!

あ~~~れ~~~!でした。

道ができていて、辿っていくと
サッシの隅から出入りしている。

ありさんの働きには、
とっても敬意を払っているのだけれど
家の中に、一族で来られると
こまります。

撤去(!)して
 
こんなことしました。
 
 P1060887

出入り口に輪ゴムを置く。
 
 P1060889

カウンターに上ってきていた道に輪ゴムを貼る。

昔、聞いたありは輪ゴムを嫌うと。
 でも、ただのおまじない?

今のところ効いています。
ぱったり、入ってこなくなりました。

やれやれ・・・・。

撤去中、冒頭のくだりがぐるぐる
頭をめぐったしだいです。
 
 
誰だって、数が多かったら、逃げたくなる。
数が少なかったら、片づけられる。

ただ、量の問題です。

7/15(祝・月) 断捨離講演会in熊本
 「夏!風が通る住まいに。」

申込みは、こちらから ⇊

http://danshari-dan.com/seminar/


福岡断捨離会 だん ようこ

公式facebookページ:
http://www.face book.com/fukuokadansharika
いいね!をお願いします。

応援のポチっ

ありがとうございます。⇊

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村


関連記事

  1. 「おんなは、60歳からがもっとおもしろい」こんな生き方

  2. 断捨離セミナーin福岡 満腹・・いや、満員でした。

  3. クローゼットにウェディングドレス!?

  4. 刺激感覚をキャッチして変化するのだから。

  5. しきたりに潜在的なココロは?

  6. 「大人の女性にとって、いちばん贅沢なことは?」に憧れます。

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
1月
19
11:00 AM 2020年1月、東京『断捨離®めぐる...
2020年1月、東京『断捨離®めぐる...
1月 19 @ 11:00 AM – 2:00 PM
2020年1月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』
2020年1月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』  全て満席になりました。キャンセル待ちを受け付けています。 ・日曜日コース    1月19日、2月9日、23日 ・平日コース       1月20(月)、2月10日(月)、21日(金)                              ・新設・平日コース  1月21日(火)、2月11日(火)、20日(木)             時間は、 11:00〜14:00   会場 :大門駅周辺(後ほどご連絡いたします)    参加費:45,000円    キャンセル待ちは、こちら https://ws.formzu.net/dist/S41193280/   【講座内容の詳細】 断捨離の基礎を学びながら21日間の継続実践を仲間とシェアしながら、断捨離の考え方を身につけていきます。   本来、この実践コースは、初めて断捨離に取り組む方を対象にしていました。   今回、東京では、断捨離実践1年以上の方を対象に参加募集いたします。(自己申告で大丈夫です)   1年以上、断捨離に取り組まれて、あらから土砂を出したと思われる方。  自分軸空間軸自在軸  いよいよ、そこへ進み、そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。  〜〜〜〜〜〜〜 断捨離のテキストの内容は、 モノとの関係Ⅰ~Ⅴ空間軸Ⅰ~Ⅲ意識Ⅰ~Ⅱ   実践3回コースは、まずは、徹底的にモノとの関係を問い、モノ軸から自分軸の確立をめざします。そのトレーニングが、実践です。    そして、だんだんと自分軸で考えることができるようになると、モノが減って、家が片づいてきてスッキリします。実は、それは、断捨離の目的ではありませんね。    それは、ほんの序章。 序章入り口かもしれません。断捨離の目指すは空間創り。    空間創りが生活に、人生に、自分のあり方に、自分の生き方に、反映していくのです。    なので、今回は、東京では、空間軸Ⅰ~Ⅴ、意識Ⅰ~Ⅱのほうに重点を置いてみようと考えています。    私はまだまだ先だわと思う必要はありません。    同じ裾野をぐるぐる回ってばかりでは、なかなか自分の場所は、自分ではわからないモノです。ちょっと高みと思われるとこから眺めてみるのもいいかもしれませんね。 キャンセル待ちは、こちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/