量もさることながら、モノについた事情も問題。

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

そぴあしんぐうで講演会を開催していただきました。
 
 P1060960
 
どこでもキャンセル待ちが出るほど応募があるそうです。

ありがたいです。

 
 P1060964
 
ここでも、皆さんにお話しを聞きながら、
一緒に考えていただきました。

・差し上げたモノが、その方が亡くなって
ご家族から、返された・・・・どうしたらいいか?

・母、姑が残していった大量の着物、
リメイクして楽しんでいます・・・今のところは。

・結婚したら、姑から夫の育児日記や、アルバムや、
子供の頃の記録のモノが、きれいに整理されて、
段ボール2箱送りつけられてきた。
いらないと、言ったら泣かれた・・・邪魔だけれど。

 
私も、子供のモノはなんでもとっておいたので、
結婚したら、送りつける姑になるところでした。
母としての自己満足でしょうね。
嫁に対する自己主張、承認欲求でしょうか?

ここでも、みなさん有り余るモノに
難儀していることが伺えます。

そして、その量というより、そのモノについている
事情の取り扱いに難儀しているようですね。

◆その事情の取り扱いを一緒に考えていきましょう。
「捨」について事情の視点を変える
7/12(金) 断捨離セミナー初級編

こちら ⇊

http://danshari-dan.com/seminar/

◆7/15(祝・月) 断捨離講演会in熊本
 「夏!風が通る住まいに。」

申込みは、こちら ⇊

http://danshari-dan.com/seminar/

・今週7/6(土) ハイパーだんしゃべり会in福岡
「七夕前夜、星に願いを妄想は大きく。」

参加申し込みは、
妄想を現実にしちゃう
あきまおさんのブログから。⇊
残り1席           メール:  easygoluckyakiko@yahoo.co.jp

2/27(土)佐賀のダンシャベリ会、チョコのんさんが開催!
「ちょこちょこ断捨離・の~んびりごきげん♪」

読んでくださって、

応援のポチっ

ありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村


関連記事

  1. 断捨離講演会in豊前市、哲女達前夜!

  2. やっぱり、今やってほしいのはキッチン。

  3. なぜ、いままで捨てなかったんだろう?

  4. 自分の言葉にご用心。

  5. フォローアップセミナーその3

  6. 他人軸、自分軸考える師走

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
3月
19
11:00 AM 2020年3月、東京『断捨離®めぐる実...
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実...
3月 19 @ 11:00 AM – 2:00 PM
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』                 ・木曜日コース  3月19日、26日、4月 9日     ・土曜日コース  3月21日、28日、4月11日 満席になりました                         時間は、 11:00〜14:00   会場 :未定(後ほどご連絡いたします)    参加費:45,000円  お申し込みはこちら https://ws.formzu.net/dist/S41193280/   【講座内容の詳細】 断捨離の基礎を学びながら21日間の継続実践を仲間とシェアしながら、断捨離の考え方を身につけていきます。   本来、この実践コースは、初めて断捨離に取り組む方を対象にしていました。   今回、東京では、断捨離実践1年以上の方を対象に参加募集いたします。(自己申告で大丈夫です)   1年以上、断捨離に取り組まれて、あらから土砂を出したと思われる方。  自分軸空間軸自在軸  いよいよ、そこへ進み、そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。  〜〜〜〜〜〜〜 断捨離のテキストの内容は、 モノとの関係Ⅰ~Ⅴ空間軸Ⅰ~Ⅲ意識Ⅰ~Ⅱ   実践3回コースは、まずは、徹底的にモノとの関係を問い、モノ軸から自分軸の確立をめざします。そのトレーニングが、実践です。    そして、だんだんと自分軸で考えることができるようになると、モノが減って、家が片づいてきてスッキリします。実は、それは、断捨離の目的ではありませんね。    それは、ほんの序章。 序章入り口かもしれません。断捨離の目指すは空間創り。    空間創りが生活に、人生に、自分のあり方に、自分の生き方に、反映していくのです。    なので、今回は、東京では、空間軸Ⅰ~Ⅴ、意識Ⅰ~Ⅱのほうに重点を置いてみようと考えています。    私はまだまだ先だわと思う必要はありません。    同じ裾野をぐるぐる回ってばかりでは、なかなか自分の場所は、自分ではわからないモノです。ちょっと高みと思われるとこから眺めてみるのもいいかもしれませんね。 キャンセル待ちは、こちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/