捨てるから、手放すということ。

2013.11.12

ごきげんさまです。

断捨離トレーナーだんようこです。

 

 

 

寒さがやってきて、

朝のお布団の中が気持ちよくて、

にばん寝してしまいそう・・・。

 

P1070920

 

近所の川には、もうたくさんのカモがやってきました。

 

 

 

 

もう10数年前のお弁当を作っていた頃の冬の朝、

起き上がるのがつらかったことを、ちょっと思い出す。

そうすると、今、この瞬間しあわせ・・・。

 

 

 

 

先日の講演会でも、

モノを減らすことはわかるけれど、

『モノをゴミとして捨てることが耐えられない!』

と、強く言われていた。

 

 

 

 

ヒトそれぞれゴミの定義が違うのですよね。

その人のもっている定義から入れ替えなければ

捨てられないのでしょう。

 

 

 

 

TVで放映されるゴミ屋敷の住人も

あの凄まじい状態でも、ゴミではない。と言う。

 

 

 

 

そうすると、ゴミの定義は、

その人の内側にある。

その人の価値観のよう。

その人の今までの生き方であるようですね。

(見られちゃいます。)

 

 

 

 

 

ぐっと、視点を変えて、

私達は、移り変わる流れの中に生きている。

呼吸で生きている。

意識せずに、呼吸をしている。

そのあたりまえのことで生きている。

 

 

 

 

呼吸の意味するところ、

出したら、入ってくる。

 

 

 

 

すべては、出したら、入ってくる、

あたりまえで循環する。

 

 

 

 

ゴミだろうが、ゴミでなかろうが、

手放す・・・・・独り占めしない。

流す・・・・・・必要としているところへ。

 

 

 

 

そのモノから離れて、その意識をもつと

ムリに “ゴミ” としなくても、

少し手放すことができませんか?

 

 

 

大分の断捨離講演会は今週です。

11/16(土)大分で断捨離講演会

 

IMG_0847

 

 

 こちらも、中身は濃いです。

どんなダンシャリアンにお会いできるかしら。

◆ 11/20(水)東京 だんようこシェア会

  『さあ!今年中にカタをつけるぞ!』

  http://p.tl/JF2k

  を、開催します。

 

 

 

読んでくださって、

いつも応援のポチっ

ありがとうございます。⇊

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村

 にほんブログ村