3年目のだんしゃべり会

ちまたでは、インフルエンザが大流行り。

学校も学級閉鎖が続いているらしい。

 

私の場合は、睡眠が一番。

よく寝ることにします。

特に朝方・・・お布団からでられない

断捨離トレーナーだんようこです。

1年空いて、3年目の福岡だんしゃべり会

今のところ、すぐに満員状態になる。

3月も満員です・・。

断捨離はいっぱいしゃべりたいほど愉しいのだもの。

1年ぶり、2年ぶりにお会いする人達。

20キロ近くスリムになったクリスタルさん、

スッキリして、服も変わってできる女風になっている。

でおこの1年、大変な変化の中で、たくさんの気づきを

もらったそうだ。

ミッチーさんは、長い間のストレスの懸案が

今では、大好きかも・・も変わっていた。

わお~~、一同大盛り上がり。

みんな、断捨離に出会い、

「自分軸」という言葉を知り、

だんしゃべり会に通い、

初めは、不完全な理解がらも、

その言葉をきっかけに、

モノ向き合い、自分と向き合い、

大変な変化を乗り切って来たように見える。

ああ素敵だな。

断捨離してよかったね。

そんなみんなの変化に立ち会える自分が

とってもうれしいな。

だから、私は、重ね煮豆乳カレーと

カリフラワー、ブロッコリー、カブの野菜サラダを

奮発?しましたよ。

いつも、みんなで食べたら、おいしいね。

変化が分かる最短コース

3月7日(金)スタート

『スッキリ・キッチリ学ぼう断捨離』 3回コース

 

 

初に長崎講演。

参加希望者の方、申し込みお急ぎ下さい。

3月5日(水) 『LET’S 断捨離』in 佐世保

http://p.tl/JW1O

 

 

3月4(火)8日(土)20日(木)断捨離講座入門編

http://p.tl/Sn6N 

 

 

ランキングに参加しています。

応援のポチっ

ありがとうございます。?


にほんブログ村


関連記事

  1. モノ視点から空間視点へ

  2. 私も糀で、ちょう美人に。

  3. 会員の声

  4. 愛を持つヒト、「愛人59号」にバージョンアップ

  5. 「Win・Win」私もあなたも、もっとよし。

  6. 号泣するほど、やりがいのあるプロセス

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
2月
2
1:00 PM 2020年2月、京都『断捨離®めぐる実...
2020年2月、京都『断捨離®めぐる実...
2月 2 @ 1:00 PM – 4:00 PM
2020年2月、京都『断捨離®めぐる実践3回コース』
2020年2月、京都『断捨離®めぐる実践3回コース』     2020年2月2日・3月8日・29日(日曜日) 満席          時間は、 13:00〜16:00 会場 :   京都テルサ http://www.kyoto-terrsa.or.jp/parking/  追加で平日開講 2月3日・3月9日・30日(月曜日)               9:30~12:00 (そのあとランチ) 会場 : 2月3日      京都テルサ   http://www.kyoto-terrsa.or.jp/parking/      3月9日・30日     ハートピア京都   http://heartpia-kyoto.jp/access/access.htm             参加費:45,000円  お申し込みはこちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/   【講座内容の詳細】 断捨離の基礎を学びながら21日間の継続実践を仲間とシェアしながら、断捨離の考え方を身につけていきます。   自分軸空間軸自在軸  いよいよ、そこへ進み、そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。  〜〜〜〜〜〜〜 断捨離のテキストの内容は、 モノとの関係Ⅰ~Ⅴ空間軸Ⅰ~Ⅲ意識Ⅰ~Ⅱ   実践3回コースは、まずは、徹底的にモノとの関係を問い、モノ軸から自分軸の確立をめざします。そのトレーニングが、実践です。    そして、だんだんと自分軸で考えることができるようになると、モノが減って、家が片づいてきてスッキリします。実は、それは、断捨離の目的ではありませんね。    それは、ほんの序章。 序章入り口かもしれません。断捨離の目指すは空間創り。    空間創りが生活に、人生に、自分のあり方に、自分の生き方に、反映していくのです。    なので、今回は、東京では、空間軸Ⅰ~Ⅴ、意識Ⅰ~Ⅱのほうに重点を置いてみようと考えています。    私はまだまだ先だわと思う必要はありません。    同じ裾野をぐるぐる回ってばかりでは、なかなか自分の場所は、自分ではわからないモノです。ちょっと高みと思われるとこから眺めてみるのもいいかもしれませんね。     お申し込みはこちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/