遅々として進まないお宅の突破口サポート

福岡では、いよいよ夏近し、

そう思わせる暑さだった。

 

大好きな新緑も今真っ盛り。

5月も終わりなのだな。

 

 

 

 

断捨離トレーナーだんようこです。

 

 

 

 

以前、転勤先で部屋を探すのに確認したのは、

押し入れがいくつあるか?

天袋がついているか?

だった。

私の場合、さらに物置があるか?

も、確認していた。

 

 

 

福岡では、講座を受けて断捨離を学び、

自分で実践してはいるけれど、

遅々として、突破口がわからない方のために、

お宅に伺い、サポートをするコースを開設した。

 

 

 

お宅に伺って、

どこから手をつけていいかわからない・・

と、言う意味が分かる気がした。。

天袋や押し入れがかなりあるのに、

ほとんど機能していない。

 

 

 

 

天袋や、押し入れには、ほとんど使わないものが

収められているだけ、

例えば、雛人形、破魔矢、五月人形、

大量のアルバム、大量の空箱、趣味の道具、

以前に学んだ教材。

 

 

だから、毎日の布団は仕舞えず、

部屋に出したままだという。

 

 

 

 

押し入れのモノを平面に出す・・。

 

IMG_2271

 

 

届かない天袋には、とりあえずモノが投げ込まれた状態。

 

IMG_2274

 

 

IMG_2276

 

結果、カラになりました。

 

 

IMG_2284

 

タンスの上に、おごそかにしっかりした重そうな箱。

本人は何が入っているのか分からないという。

では、家族のモノだろうから、そのままに・・・。

と、やり過ごそうとしたが・・・、

背が高い私は、手が届いた・・・あら軽い??

 

 

 

 

はい、中身は・・・・これだけ。

 

IMG_2285

 

 

とにかく、空箱の多いお宅だったのです。

空箱のために、たくさんのスペースを使っていました。

 

IMG_2280

 

潰した空箱の一部です。

 

IMG_2286

 

本日は、45Lの袋が15個でした。

 

 

 

布団がちゃんと押し入れに仕舞えるようになり、

手の届かない天袋は、カラのまま、

空間を置くことができました。

 

 

 

日々の生活のスペースのモノは

これから、自分で向き合っていくのです。

もちろん、サポートは続きます。

 

 

 

◆ お宅サポートの詳細も説明いたします⇩

6月5日(木) 「Let’s 断捨離」昼の部と夜の部  開催

                                              http://p.tl/2rSw

 

 

 

だんようこ 6月の予定です   http://urx.nu/8oJm

 

 

 

ランキングに参加しています。

応援のポチっ

ありがとうございます。⇊

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村

 

  にほんブログ

 


関連記事

  1. 自分の言葉にご用心。

  2. 手放して出し切って、ごきげん

  3. 今年も始まります。断捨離に誘われるままに・・・。

  4. どっぷり、断捨離のはしごの日々。

  5. 34回目の結婚記念日

  6. 解決法は、モノなら「捨てる」コトなら「やめる」

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
11月
1
10:00 AM 福岡11・12月「断捨離®めぐる実践...
福岡11・12月「断捨離®めぐる実践...
11月 1 @ 10:00 AM – 1:00 PM
福岡11・12月「断捨離®めぐる実践3回コース」 @ 大阪市 | 大阪府 | 日本
 2018福岡11・12月『断捨離®めぐる実践3回コース』断捨離ベーシックを3回の講座にてお伝えします。なんといっても 現場は、ご自身の住まいです、今年は、テキストが変わり、いよいよ空間を意識するための視点が増えました。どうぞ、お楽しみに。    11月コース   11月1日(木)・7日(水)・15日 (木曜日)  10:00~13:00 12月コース   11月26日・12月10日・17日(月曜日)  10:00~13:00 会場 : 福岡市JR千早駅近辺(参加者の方にお知らせします)参加費:  39,960円 (昼食代込み)お申し込みフォーム ↓https://ws.formzu.net/fgen/S871531/                           人生や暮らしには、たくさんのコトがめぐりめぐってやってきます。本来、サラサラと流れめぐりきて、 また流れ去るものなのに、いつからそのめぐりがやってこない、滞ってしまったのでしょうか?    それは、まるで排水管が詰まっているようなもの。だったら、その詰まりを取り、流れを取り戻せばいいだけ。詰まらせたのは自分。その詰まりを取るのも自分ですね。そうしたら、自ずと自分にめぐりくる人生をもっと楽しんでいけますね。   断捨離は、実践してこそ。初めて断捨離に出会った方、再度チャレンジされる方にお勧めします。  習慣とするために21日間にこだわって、徹底的に実践をやっていきます。スッキリしたお部屋に暮らしたい。これは、誰しも思うこと。でも、片づけはしたくない。    お部屋の状態は、自分の生き方に大きく関わっています。断捨離は、お部屋をスッキリすると同時に、自分の生き方もスッキリしていくのです。今からチャレンジするのは、片づけではなく、断捨離ですから・・・。    断捨離に初めて出会った方。断捨離に何度がチャレンジしたけれどうまくいかない。やる気が続かない。どこから手をつけていいのか分からない。自分に向き合うってどういうこと?  基礎から実践まで、一緒に学びます。  1回目・断捨離のコンセプト  〈相似象〉・断捨離のフィールド  〈空間軸〉・断捨離の整理・整頓・掃除・モノとの関係 1〜3  2回目・断捨離 環境と影響 〈空間〉・空間の機能と条件・空間、停止・麻痺・鈍化  3回目・意識 〈不要・不適・不快, 要・適・快〉・引き算のアンソロジー・「出す」の美意識とは?・ 断捨離で、運気まで上がる。 そのメカニズムとは?  仲間とのやり取りが励みとなりモチベーションが持続する、必ずやれるコースです。たくさんの断捨離仲間と共に進めていきましょう。 お申し込みフォーム ↓https://ws.formzu.net/fgen/S871531/  
11月
8
1:00 PM 11/8スタート滋賀県彦根「断捨離®... @ 彦根勤労福祉会館 
11/8スタート滋賀県彦根「断捨離®... @ 彦根勤労福祉会館 
11月 8 @ 1:00 PM – 4:00 PM
11/8スタート滋賀県彦根「断捨離®めぐる実践2回コース」 @ 彦根勤労福祉会館 
 滋賀県彦根市において「断捨離®めぐる実践2回コース」を開催いたします。  関西の乙女組の方のご縁で、私、初めて滋賀県彦根市に参ります。  毎回のことながら、断捨離がご縁を繋いでくれるところに喜んで行かせていただきます。お近くの方、ぜひこの機会にご一緒に断捨離を学びましょう。   もう断捨離という言葉は、ご存知の方が多いと思います。「片づけ」です。   モノの片づけからスタートいたします。そして、こんな気持ちが片づいていくとしたら。   毎日、どうしてこんなに忙しいのでだろう。毎日、どうしてイライラするだろう?毎日、どうして疲れるのだろう?片づけても片づけても、なぜ片づかないのだろう?  いままでの、片づけ方を繰り返していても、解決いたしません。いえもっと難儀になっていくでしょう。  今の時代、片づいた家で暮らしたい。と思ったら、いままでやってきた片づけ方を問い直さなければなりません。   時代は、どんどん進化し変化しています。さらに、人生をよりよく生きるために必要な自分自身の整理、考え方、気持ちと周りとの関係。その片づけ術も含まれるのです。   それが、今話題の片づけ術「断捨離」です。   なので、ここは自分なりにとか、マイペースでとかでは、家はスッキリ片づくことはないでしょう。今から持ち替えてやるべきは断捨離です。   さあ、今の時代に必要な片づけ術断捨離をご一緒に学びましょう。そして、自分のやりたいことに進める自分を作っていきましょう。   今回は、初めてチャレンジする方にお勧めです。全員で21日間の実践シェアをいたします。   やり方は、FBによる秘密のコミニュティを作ります。そこで、毎日みんなと実践に励みます。一人じゃない、みんなでやるからモチベーションが続きます。   断捨離ベーシック講座「人生を変える断捨離」  日々の実践をサポートいたします。 日時 : 11月  8日(木)13:00~16:00             12月14日(金)13:00~16:00 本来3回に分けてお話する内容を今回は、時間を長くして2回でお話します。 会場 : 彦根勤労福祉会館             11/ 8(木)中ホール3            12/14(金)第3会議室アクセスhttp://tachibana.html.xdomain.jp/access/index.htm 参加費 : 39,960円(交通費協力金+21日間のフォロー+消費税込み)お申し込みフォーム ↓https://ws.formzu.net/fgen/S871531/   滋賀県でどんな出会いと、ストーリーに出逢うのか、とても楽しみです。  檀葉子