暮らしは、命の維持管理というメンテナンス。

2014.08.5

毎朝、拭き掃除して家中の埃を拭き取る。

キッチンのシンクを磨く。

洗面台シンクをキュキュと磨く。

お風呂場をゴシゴシ磨く。

これらは、家事の一環であり、

日々の生活のメンテナンス。

 

 

 

 

断捨離トレーナーだんようこです。

 

 

 

 

今朝、キッチンシンクを磨きながら、

こんなことを思っていた。

 

 

 

 

私は、長いこと主婦として、家事を担ってきた。

毎日の家事は、私の一日のほとんどを費やしていたのに、

いつのまにか惰性で、

やらなければならない家事労働となっていった。

そして、いつしか自分を縛るものという思い込みに

なっていたように思う。

 

 

 

 

生きることは暮らしていくこと。

暮らしていくことのほとんどは、

命の維持管理というメンテナンスに占められる。

だから、このメンテナンスの作業そのものを愉しめたとしたら

生きていくことは愉しいことに違いない。

そして、もしも、このメンテナンス作業を

つまらないと感じているのだとしたら、

人生は不全感に満ちたものとなっていくのです。

〜やましたひでこ著「捨てる勇気」より〜

 

 

 

 

 まさに、この通り、暮らしのメンテナンスを

つまらないと思っていた。

生きることは、暮らしていくこと。

暮らしていくことは日々メンテナンス。

生きていくなら、どう愉しく生きていくか?

それは、メンテナンスをどう面白がるか? 

どう愉しむか?

そうすれば、日々が愉しく、面白い人生になるのですね。

 

 

 

 

断捨離を知り、モノを減らしていくことで、

日々のメンテナンスがラクになり、

かつ、絞り込んだモノで愉しさを感じることが

できるようになった。

 

 

 

 

 

いままでと同じ作業なのに・・。

メンテナンスが愉しい作業に変わっていったのです。

一つのことで、愉しむという視点をシフトができたなら、

その視点は、どんどん広がっていく。

どこにいても、なにをしても、

生きていくことが愉しめるとわかってきたのです。

 

IMG_2406

 

 

 

 

◆8月19日(火)  「断捨離をはじめてみよう!」

    http://urx.nu/ab3n

 

◆9月のセミナー予定

    http://urx.nu/aG9r

 

 

 

ランキングに参加しています。

応援のポチっ

ありがとうございます。

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村


   にほんブログ