〈お盆特集シャーリーのQ&A〉古雑誌が捨てられない。

2014.08.16

 少しの間集合した家族も

またそれぞれに帰っていった。

さて、日常に戻りましょうか。

 

P1080773

 

 

 

 〈お盆特集シャーリーのQ&A〉

今までのメールでの質問を

シェアさせていただいています。

 

 

Q、古雑誌が捨てられずに悩んでいます。

 私は子供のころから週間少年漫画雑誌を

読むのが大好きで、お小遣いのほとんどを

毎週発売されている週間少年誌に

費やしていました。

 

 

 

 この習慣は大人になってもずっと続いていて、

一度読み終えた雑誌も中々捨てられずに

段々と部屋中が雑誌で

山積みになっていってしまったのです。

 

 

 

小学生のころは母親に強引に古雑誌の収集のときに

捨てられたりしていましたが、

大人になって一人暮らししている今では、

雑誌を勝手に捨てる両親もいないので、

雑誌はどんどん溜まっていく一方です。

 

 

 

思い切って何度も、古雑誌を捨てようとも考えましたが、

古本屋に行けばお金になるかもしれない、

このまま溜め続けていけば、

いつかプレミア価格がついて

大金持ちになれるかもしれないなどと

あり得ないことばかり考えてしまい、

なかなか古雑誌を手放すことができませんでした。

捨てなければいけないのに捨てられない状況です。

 

 

 

 

A、まず、古雑誌を置いておくことの健康面の心配があります。

 紙は埃を呼び、湿気が着きます。

 ダニやカビが発生しやすいモノです。

 長くなれば部屋の空気が心配です。

 

 

 

まずは、捨てたいのか? 捨てたくないのか?

自分に聞いてみてください。

そのモノを大切に扱い、埃を払い、

管理されているのであれば、

あなたにとって大切な宝と言えるでしょう。

 

 

 

でもただ乱雑に積まれていたり、埃が被っていたり、

段ボールに入ったまま、何ヶ月も押し入れに

入れられたりしているとしたら、

それはただの執着です。

 

 

 

モノに過剰に執着する思考は、

人生においても、いろいろなとこに弊害が生じます。

ありえなことを考えて、なかなか決断できないのは、

古雑誌に限ったことではないと想像します。

もし、人生に悩みや詰まりを感じていたら、

このモノを手放すことで、

モノやコトやヒトに執着する心を、

断捨離することになり、

人生の問題解決に向かうきっかけになるのです。

 

 

花6

 

 

 

21日間の実践にこだわった講座

男性限定! スッキリ・キッチリ学ぼう断捨離」実践3回コース

・ 8月28日(木)9月4日(木)11日(木)

      19:00〜21:00    於 福岡市薬院

          問い合わせ  danyouko55@gmail.com

 

 

◆8月19日(火)  「断捨離をはじめてみよう!」

    http://urx.nu/ab3n

 

◆9月27日(土)大分市 「断捨離入門編&実践編」

     http://urx.nu/aTSa

 

◆9月のセミナー予定

    http://urx.nu/aG9r

 

 

 

ランキングに参加しています。

応援のポチっ

ありがとうございます。

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村


   にほんブログ