手放し難きを手放せば、得るべきを得る。

2014.10.21

同じみ実りの秋のコスモス。

 

P1090218

  

毎年行く近くのコスモス畑は、なぜか敷地が5分の1に

お花も痩せているように思いました。

急開発のバイパス沿い・・・・、

ひょっとしたら、なくなってしまうのかしら。

 

P1090221

 

福岡断捨離乙女達とコスモス。  

おお〜、今、最高の笑顔!

 

 

 

 

断捨離トレーナー檀 葉子です。

 

 

 

 

断捨離は、モノに向き合いながら、

過去の自分にカタをつけて、

未来の不安を手放していくことなんだ。

そんなことに気づいていく。

 

 

 

 

過去と未来の不安を手放し、

集中するのは、「今」だと、知っていても、

なかなか「今」の感覚が分からない。

 

 

 

 

 

こんな報告をうけましたよ。

 

もうほとんど捨てるモノはない状態でした。

 

高校からつい最近まで共にした大切な存在 “sax”。

亡くなった父から貰った大切なもの。

saxを辞めてしまうと、

自分の唯一誇れるものがなくなると思い、

続けてました。

 

でも、ここ数年は吹いてても楽しくなくて、

吹くことがしんどくなったので、

思い切ってレッスンを辞め、置いたままにしてたんです。

 

 

 

「もっと断捨離して、運気をあげよう〜。」と、

今回、思い切って手放してみようと決めたんです。

 

 

 

saxの行き先が決定した時、大きなことに気付きました。

『いままで自分が断れないことをsaxのせいにしてた…』って。

 

 

 

ずっと大切に使うことができなかったことに、

父や sax への申し訳ない気持ちがでてきて、

涙がいっぱい出ました。

 

 

それでも、今の自分にはもう必要ない。

大切に使ってくれる人に渡そうと思い、寄付したんです。

その後も色んなこと考えました。

後悔もちょっとでてきたり(笑)

 

 

 

でも、後悔するってことは

「過去のsaxを吹いてて楽しかった時間」や

「saxを続いていたら未来にやってきたかもしれない楽しい時間」を

考えてるってことで、

『今』を考えてないことにも気づいたんです。

 

 

 

そして最後にすっごい気づきが!

『私は今、物があふれてない。 空気滞ってない。

じゃあもういいじゃん。 今、めっちゃ運気いいんじゃん。』

ってことに気付いたんです!

 

 

 

「まだまだ~」と思って、

「捨てなきゃ、減らさなきゃ」って思ってたんですが、

大切な sax を手放したことによって、

『もういいよ』って自分自身に言えたような気がします。

「今、一番いいよ。」って・・。

 

 

 

 

とっても大きなモノを手放した彼女!

いっぱい泣いたそうです。

 

 

私も気づかせていただきました。

『今』にいる時は、『もういいじゃん!』

なにもかもが、『これでいいよ。』

って、思える瞬間なんだと。

 

 

 

 

その瞬間の連続が、今に生きることなのだと。

それが、「離」の境地なのだと。

 

 

 

 

 

◆10月31日(金)シャーリーの「Let’s  断捨離」in 京都  

京都で「断捨離」をお伝えします。

必ず、最初の一歩が踏み出せます!

           http://urx.nu/cP3r

 

 

◆ 11月の檀 葉子 セミナーの予定です。

    http://urx.nu/d8la 

 

 

 

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

いろいろな断捨離ブログが楽しめます⬇

 

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村

 

  にほんブログ