母の喉元まで湧いてくる言葉。

2015.01.5

休みをギリギリまで遊び、

県外の仕事場に帰っていった三男。

 

彼の人生だもん。

帰っていく彼に

もうなにもかける言葉はないけれど、

やっぱり、なにかぐだぐだ言いたくなる言葉は、

喉元までやってくるものですね。

yjimage-1

 

 

 

 

 

 

断捨離トレーナー檀 葉子です。

 

 

「心配」

「願望」

「期待」

 

どの人生をとってみても、

失敗や不安のない人生はない。

 

 

それを分かっていながら、

家族、特に子供には

ついつい言葉を放ってしまう。

 

 

我が家の4人の子供達は、

成長して社会人になった。

 

4人それぞれ子供の頃は、いろんなことがあった。

病気や怪我、成績、いじめ、部活、友人関係。

子供を通しての学校や父兄との関係。

 

その中の格闘やストレスは、

どれも、まさに心配・願望・期待が

共にあったように思う。

 

理屈ではわかっているけれど、

我が子だけは・・・こうあってほしくない。

我が子だけは・・・こうあってほしい。

こればかりは、母親の性なのかもしれない。

母の想いは、言葉では理解できないし、

言い尽くせないと分かる。

 

 

でもね、断捨離ではっきりとわかった。

「母の想いは・・・重い。」と。

そう知ったからには、

いま、湧いてきた言葉は、

 

心配?

願望?

期待?

 

と、自分に問うてみる。

問うてみることで、

言葉にするのか、

どう言葉にするか・・・、分かってくる。

 

そしてね、これは自分がラクになるということです。

しいては、子供がラクになるということです。

yjimage-3 

 

 

 

 

 

1月の「断捨離を始めてみよう」 

・1月11日(日)13:00~15:00 

   1/11満席になりました。

・1月15日(木)10:00~12:00

http://danshari-dan.com/lp/201501/

 

 

新講座2015年「信じて期待せず・・・」ワーク

が始まります。

http://goo.gl/dc0FR6

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

  ⬇

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村

 にほんブログ