「写真」大切な思い出という刷り込み?

久しぶりに留守の家に帰ってみた。

この時期、庭は森になっていた。

 

IMG_0175

 

 

 

 

 

 

 

旦那様は、スイスに遠征中。

 

IMG_0182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マッターホルンにアタック!?

それぞれに、

自分の “今” を歩いている卒婚夫婦かな。

 

 

 

チーフ断捨離トレーナー檀 葉子です。

 

 

 

セミナーや講座の中で、

100%出てくるのが、『写真』

入門編では、写真はハードルが高いモノだから、

あとからでいいのですよ。

と、とりあえず言います。

 

 

 

断捨離に来る方が気になっているのは・・。

写真の整理ができていないこと。

特に、ずっと仕事をしてきた方は、

子供の写真を整理できていないことを気にして、自分を責めている。

ところが、専業主婦でも、ほとんどの方ができていない、

ということは、時間があってもやらないのです。

いや、無理なのです。 できないのです。

 

 

う〜〜〜ん。

 

 

もし、無理なことを何年も繰り返し悩むのであれば、

時間とエネルギーの無駄に思えるのですけれど。

そうなると・・・写真ってなに?

 

 

「無くても困らない、あると悩みのタネになるモノ。」

 

 

写す時の喜びは最高なのだけど、

その片づけをしなければ、

それは大切な私の時間とエネルギーを消耗させるモノ

となり、悩みのタネになってしまう。

さて??

 

 

「写真」は思い出、

「思い出」は大切なモノ。

 

 

そんな刷り込みがされてないかしら?

多すぎる「思い出」を抱えることは、未来が展開しない。

昨日のピーターが言っていたように、

新しい人生、未来を生きるために、今までのモノを

手放していくこと。

 

 

 

「写真は思い出で大切なモノ」

という刷り込みは、

「もう未来に進まなくていいよ。」

という誰かの負のメッセージに聞こえるのですけれど。

 

 

 

どこかで、折り合いをつけて、悩むのをやめましょう。

我が家では、あの分厚いアルバムを処分して、

厳選した写真のみで、フォトブックにしましたよ。

 

恥ずかしながら、タイトルもついています。

IMG_0169

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0170

 

 

 

 

 

 

 

軽くてきれいで面白くって、取り出しも簡単です。

 

 

写真が大切なモノならば、大切に扱える量と形に

してはいかがでしょう。

 

 

 

 

◆「断捨離を始めてみよう」 

 ・7月5日(日) 10:00~12:00

・7月9日(木)     10:00~12:00

http://danshari-dan.com/lp/201503/  

 

 

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

  ⬇

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村

 


関連記事

  1. 大荒れの3月、荒れて、いざスタートへ。

  2. やっぱり、ヒトって愛しいなあ~。 品川のグルコンより

  3. 日々、思わずガッツポーズ・・・伝授いたします。

  4. 風邪の功名? 今、必要なモノでメンテナンス

  5. ぎゅうぎゅうの満員電車で旅をする?

  6. キラキラやましたさん

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
9月
15
12:00 PM 東京にて2講座の開催おしらせ。
東京にて2講座の開催おしらせ。
9月 15 @ 12:00 PM – 3:00 PM
東京にて2講座の開催おしらせ。
東京9月『断捨離®めぐる実践3回コース』 満席になりました。   断捨離のベーシックの理論を学びながら21日間の継続実践で仲間とシェアしながら、断捨離を身につけていきます。  本来、このコースは、初めて断捨離に取り組む方を対象にしていました。今回、東京では、断捨離実践1年以上の方を対象に参加募集いたします。(自己申告で大丈夫です)  1年ほど断捨離に取り組まれて、あらから土砂を出したと思うわれる方。 モノ軸時間軸自分軸空間軸へ いよいよ、選び抜いていくこと。そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。     東京「断捨離®日常あるある塾」5回講座 満席になりました。  暮らしの中の「あるある」ネタからみんなで共有して愉快に思考をレベルアップさせていきましょう。例えば、具体的な事例から(例、お財布)抽象的な事例(例、思い込み)など、みんなでわいわい発言しながら作っていきましょう。  私達は、日頃、飲み込んでしまう気持ちがあるはずです。それをどこで、出していますか?言葉にして外に出す。 気持ちを出す。この効果は、絶大なものです。  私は、ここを「ハイパワーダンシャリ会」と名付けています。   【講座の形態】 ・2012年からの私が選んだやましたひでこのブログ・メルマガの文章を読んで、自分が感じたことを、言語化して発表します。  シェアの時、きっとうまく言語化できずに、もどかしい、恥ずかしい、落ち込むを体験するかもしれません。それを感じることが大切です。  ・出題された資料を元に考えているのですが、それぞれの日常の起こっているコト抱えていることに繋がっていくから不思議です。  ほとんどの問題の根底にある人間関係は、言葉の解釈の仕方や出し方でで あなたの中で、大きく変換され、解消していく可能性があります。それに、ご一緒にチャレンジいたしましょう。