「やれやれ」と笑って、また進める心を持つために。

2016.08.25

夏休みも、あと少し・・・。

母としては、待ちどうしい9月。

しかし・・・このあと数日は

終わっていない宿題のコトで、

イライラが始まると・・・。

その光景、目に浮かびます。

 

yjimage-1

 

何十年も前から変わらない・・・この懸案?ぼやき?

このことは、変わらないのですね〜。

なんだか、不思議。

 

 

 

 

やましたひでこ公認

     チーフ断捨離トレーナー檀 葉子です。

 

 

 

 

世の中、経済や産業は、ものすごく進歩したし、

モノ。コト、情報はあり得ないくらいに増えて

変化したのに、

変わらないなぁってコトもあるのですね。

案外、それらについていけていないのが、

人の思考・心の取り扱い方かもしれません。

 

 

 

子供に対する母の思考、

宿題をしていない子供にイライラするって、

私の子供の時から変わっていないのですから。

 

 

 

 

こんな報告がありました。

 

6歳のお子さんに、ピンクのおもちゃのスタンプで

座敷の壁や柱、襖に落書きをされてしまった。

これは、親にしてみれば、かなりショック!

怒りが湧きます。

 

yjimage-5

 

出た言葉は、

「お家は、大事なんだよ。

特に座敷は、お客さんがくるところだから、

綺麗にしなきゃダメなんだよ。

お父さんもお母さんも、家のためにローンがあるから、

一所懸命働いてるんだよ。」

 

 

 

これは、大人側の事情です。

ローンとか一所懸命働いているとかは押しつけでしかなく、

6歳の子供には、分かりにくいですね。

 

 

 

 

本来、書くものと白い壁があると書きたくなる。
 
汚したくなる。
 
積んであると壊したくなる。
 
整っていると乱したくなる。
 
これは、人間の本能です。
 
いたずらしている時の顔ってキラキラしてますから。
 
 
 
 
 
 
 
本能の行動を自然にとってしまう子供を
 
どう満たしてあげられるだろう。と考えなければ、
 
この戦いは続きますし、止めてばかりだと
 
他の問題行動にでます。

 

 

 

 

「家は大事なんだから」と言いつつ行動できていない私。

私が綺麗に片付けたり、ピカピカに磨いている姿を見せれば、

子供にも伝わるのかな、と思いました。

 

 

 

断捨離に励んでいるダンシャリアンさん。

家は、大切なもの。

まずは、自分がスッキリきれいにすることで、

家族達もそうしてくれると、希望と期待を持ちました。

 

 

 

 

でも、もし、断捨離をして家がキレイで整っていることが正しくて、
 
それを乱すことで子供を叱ったり、制限するならば、
 
断捨離はしないほうがましです。
 
それは、断捨離ではありません。
 
 
 
 
 
 
 
断捨離は、あくまでも、
 
やるヒトの心の執着や囚われを外していく
 
ものですからね。
 
 
 
 
 
 
 
家族に汚されようが、散らかさせようが、
 
「やれやれ。 やってくれちゃって・・」
 
と笑って、また進める心の余裕を持つためにやるのです。
 
 
 
 
 
 
 
子育てのその時期は、家はぼろぼろでも、構わないのです。
 
でも、それも一時期で、すぐに外の世界に向かって
 
飛び出してものですから。
 

yjimage-4

 

 

 

※関西実践コース

 10/26 (水)、11/3(木)、11/14(月)にて、

開催いたします。

同時に日曜コースも開催予定。

詳細は、しばらくお待ちください。

 

 

※鹿児島実践コースは、

9/22・29・10/13 にて、開催いたします。

お申し込みはこちらから⬇
 

https://goo.gl/N8o7Mx

 
 

※福岡「スッキリ・キッチリ学ぼう断捨離」実践3回コースは、

次回9月5日・12日・26日開催。

詳細とお申込み⬇

http://goo.gl/1QLQXw

 

◆断捨離が始めてという方に 「断捨離®を始めてみよう。」

 9月2日(金)  10:00~12:00

お申込み  http://danshari-dan.com/lp/201503/ 

 

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

  ⬇

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村