孫娘の雛人形から・・。

3月3日の今日は、桃の節句 ひな祭りです。

その歴史は、その起源は平安時代中期(約1000年前)

にまでさかのぼります。

その頃の人々は、三月の初めの巳の日に、

上巳(じょうし、じょうみ)の節句といって、

無病息災を願う祓いの行事をしていました。

陰陽師(おんみょうじ・占い師のこと)を呼んで

天地の神に祈り、季節の食物を供え、

また人形(ひとがた)に自分の災厄を托して

海や川に流すのです。

    〜ひな祭りの由来より〜

yjimage-2

 

 

 

やましたひでこ公認 

     チーフ断捨離トレーナー檀   葉子です。

 

 

 

 

毎年、ひな祭りは,季節のイベントとして

過ごしてきました。

自分の子供の頃は、雛人形の記憶はあるけれど、

あまり思い出はありません。

 

 

 

 

自分が娘をもってのひな祭りは、

娘のためにと、やったのでしょうが、

イベントとしての義務感を感じました。

だんだん、雛人形を出すか、出さないか?

そんなことに悩んだり、罪悪感をもったり・・、

日々が慌ただしく、日常を楽しむ余裕が

なかったのだなぁ。

いや、普通は?とか、世間並みにとか、

そんな気持ちが強かったように思います。

 

 

 

 

 

時が経って、今年は孫娘がいます。

まあ、やっぱりばあばになると、気持ちが違います。

心から、おひな祭りに孫娘の成長を

楽しみにする気持ちが湧くのですね〜。

ばあばになって、このイベントいいなあと思いました。

 

 

 

 

1歳になったばかりの好奇心旺盛の孫娘。

今年の雛人形は、投げても踏んでもいいお人形でした。

「お雛様・・・触って、投げて、破壊して。」

 

 

IMG_7747

 

あれから1ヶ月・・・。

娘からの報告ですが、

このごろ、雛人形を並べ出したと!

扱いがとても優しくなったとのこと!

IMG_8046

 

 

そうか・・・そうなんですね。

散々好きに遊んだあとは、

今度は、お片づけに移行するのですね。

散々乱暴に扱ったあとは、優しくなるのですね。

 

 

 

 

本能は、ちゃんとプロセスを踏んで、発動する?!

思わず、新しい気づきを頂きました。

そんな風に感じるのは、オーバーですか?

楽天的ですか?

 

IMG_8045

 

子供は、まずは散らかすからこそ、

片づけを学ぶのです。

小さい子供に、初めから大人の思う片づけを

教えなくても、散らかすだけ散らかしたら

・・・自ずと片づける。

 

 

 

 

やりたいコトをやりたい放題やらせたら、

ちゃんと進むべき道を進む。

そんなことを思ったのですが。

 

 

 

 

その時を、じっと待つ。

自分も含めて・・・待てない親が多いのです。

 

 

 

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

  ⬇

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村

 


関連記事

  1. 感謝の気持ちは、モノがないとなくなるの?

  2. 離陸するために・・。

  3. 立ち位置はいくつもある。 品川グルコンから。

  4. 『実家の断捨離』とは・・。

  5. 息子に贈る母のささやかな夢

  6. 習慣づけたい、すぐに増える紙類。

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
2月
14
10:30 AM 東京「断捨離®スパイラルupのベー... @ 貸し会議室
東京「断捨離®スパイラルupのベー... @ 貸し会議室
2月 14 @ 10:30 AM – 5:00 PM
東京「断捨離®スパイラルupのベーシック」1DAY講座  日時 : 2月14日(木)10:30~17:00会場 : 新宿三丁目の貸し会議室参加費:17,280円 申し込みフォーム ⬇︎https://ws.formzu.net/fgen/S49099715/  「断捨離」という言葉は、世界でも日本のメディアでも多く流されて、知る方も多くなりました。   何と言っても断捨離は、留まる、居つくことを嫌います。2009年に断捨離の本が発売されてから10年。その内容は、大きく進化発展して来たように思います。   もし、以前のままを握りしめていたとしたら、それは、以前のまま。になっていませんか?    断捨離ベーシックは、急進展「自分軸」「時間軸」から「空間」と「意識」が加わりました。世の中が大きく動き、変化していると言われる今。新たな視点を知り、断捨離の取捨選択の物差しを精査して、モチベーションをあげましょう。    昨年と引き続き、断捨離ベーシックテキストから、「引き算のアンソロジー」 「断捨離のその先にある生き方の極意とは?」「断捨離は、無意識の意識化」という次の視点をお話しします。    そのあと、毎月1回の6ヶ月「ブラッシュアップ講座」(参加費は別途)の断捨離のシェア&ハイパーダンシャリ会にご参加いただけます。トータル7ヶ月で、自分の断捨離を掴んでいきましょう。   申し込みフォーム ⬇︎https://ws.formzu.net/fgen/S49099715/