誕生日の度に断捨離する有害な思い込み

昨日は、私のお誕生日でした。

たくさんのお祝いメッセージありがとうございました。

 

元気で歳を重ねる。

とても嬉しいことです。

これからは、意味なくカッコつけて生きる。

そうありたいと思います。

 

 

 

 

 

 

やましたひでこ公認

    チーフ断捨離トレーナー檀葉子です。

 

 

 

 

 

 

お誕生日。

私は、この日は両親を想うわけです。

会ったことのない若い両親を想うのです。

私の誕生を喜んでくれたのだろうと、

そして、私を育むの人生がここから始まったんだろうと。

 

 

 

 

 

 

私の子供達の誕生も、この日は日常の生活もありの

感動の日でありの、大きな決意の日でもあったなあ。

私の子供達に子供が産まれた日、

子供達にとって、大きな親業が始まった日にちがいない。

 

 

 

 

 

 

今、まさにそれが始まったばかりの4人の子達と

5人の孫ちゃん達。

ああ、感動なんてない、日々てんてこ舞いだわ〜。

 

 

 

 

 

 

一昨日参加した、

やましたひでこの「思い込み」の断捨離セミナー

で紹介されました。

 

 

 

 

 

 

われわれの文化の中の

たくさんの自己達成予言(そうなると信じたことが現実に起こる)のうち

もっとも有害なものは おそらく

年を取ることが衰退と病弱をもたらすという、思い込みだろう      

       〜マリリン・フォーガソン〜

 

 

 

 

 

 

年を取ると、老ける。衰える。

これも思い込み。

私も、これを採用していました。

55歳頃まで。

まちがいなく、今より老けて見えました。

 

 

 

 

 

 

今は、採用していません。

還暦から歳は重ねますが、歳は取らないことにしました。

 

 

 

 

歳を重ねる度に、艶めいていく。

 

 

 

 

図々しくも、こちらを採用いたします。

 

 

この年齢も、たくさんの方に、

私の断捨離視点・・・機能する「思い込み」を

お伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

やましたひでこ著「家事の断捨離」シェア会

◆やましたひでこ著「家事の断捨離」シェア会〈大分・鹿児島

大分 6/3(日)

鹿児島 6/16(土)

 

詳細はこちら → 『家事の断捨離』

 

 

どなたでもご参加いただけます。 

 

お知り合いをお誘いください。

 

申し込みはこちら↓
https://ws.formzu.net/fgen/S50789058/

 

『家事の断捨離』ひでこ著/大和書房刊

 

 
断捨離に初めて出会う方に『断捨離を始めてみよう』

・6/1(金) ・6/24(日)

・7/2(月)・7/8(日) → 7/7(土)に変更

個別の30分の無料電話相談付き

詳細はこちら
http://danshari-dan.com/lp/201503/

 

 

※2018年6〜8月の福岡『断捨離®めぐる実践3回コース』

福岡5月から8月までの日程をアップしています。

2018年6〜8月の福岡『断捨離®めぐる実践3回コース』

6月14日・21日・28日(木曜日) + 7月6日(金

2018大分7月「断捨離@めぐる実践3回コース」

7月1日、8日、29日 日曜日コース  

家の停滞・淀んでいる中で、マイペースではかなり時間がかかります。

ここから思い切って断捨離筋力アップに

踏み出しましょう。

 

※2018関西7月「断捨離®めぐる実践2回コース」

金曜日コース  7/13・8/17   10:00~16:00

土曜日コース  7/14・8/18   10:00~16:00

 

 

◆やましたひでこ断捨離講演会 

詳細&申込

http://www.yamashitahideko.com/sp/2018DNTL/map.php

名古屋/福岡/札幌/大阪/宮崎/東京

 

 

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

  ⬇

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村


関連記事

  1. こころ、ひりひりするけど。

  2. 変わった? なんだか余裕だね。

  3. 景色も花園も動物もワインもグルメも・・・手を抜かない。

  4. やましたひでこ講演会 in シアトル

  5. ああ、宮崎! サプライズのお花。

  6. 「やれやれ」と笑って、また進める心を持つために。