「蜘蛛の糸」から

東京に滞在中、

数日を娘の家に泊まりました。

 

 

娘が勤めにでたあと

ルンバ君は、働いているのです。

 

 

私はめずらしいので、その動きをじっと観察。

なかなか迷走しています。

同じ部屋を何度もやっています。

 

そして、最後は力尽きて・・・ストップ。

なかなか、健気でした。

 

 

 

 

 

 

 

やましたひでこ公認

   断捨離トップトレーナー檀葉子です。

 

 

 

 

 

 

 

芥川龍之介「蜘蛛の糸」のお話をご存知ですね。

 

 

お釈迦様が地獄に落ちた極悪人を見て、

現世で、たった一回、蜘蛛の命を助けたことを

ご存知で、蜘蛛の糸を垂らす。

 

 

 

 

 

その極悪人は、天国に続いているその糸に気づき、

助かろうとして、その蜘蛛の糸を登り始める。

ふと、下を見ると、多くの地獄の輩が

わさわさと登ってくるのが見えた。

 

 

 

 

 

 

「こら、罪人ども、これはおれの糸だ。

お前らは、登ってくるな!切れてしまう!」

と叫んだ途端、

プツリと糸は切れて地獄に真っ逆さまに

落ちて言ったというお話です。

 

 

 

 

 

 

自分さえよければ、

他の人はどうなってもいいと、

考えていると幸せになれない

地獄に落ちてしまう。

という強い教訓ですね。

 

 

 

 

 

 

この、話から、他のメッセージはなにか?

を、ダンシャリアンの友人と話したのですが、

友人はこんな風に考えました。

 

 

 

 

 

 

上(天国)だけを見て進んでいたら、

下の様子には気がつかなかったのに、

振り返って、下を見たばかりに、

そんな気持ち(我)が出てしまった。

 

 

 

 

 

 

未来という希望や目標に向かって進んでいるのに

つい、後ろを振り返って見た。

それは、過去をふりかえること、

そうすると、途端に自分をストップさせる

思いに襲われる。

 

 

 

 

 

 

前を見て進め!

決して、過去を振り返るな!

そんな教訓とも言えます。

 

 

 

 

 

 

現代は、こちらの方が日常茶飯事では?

あまりにも、抱えすぎているモノ、コトは、

ほとんどが過去のモノ、コト。

そのことからくる未来不安。

 

 

 

 

 

きっと、蜘蛛の糸を登り始めても

下ばかりを見ることでしょう。

 

 

 

 

 

 

それより、情報が多くって、

蜘蛛の糸なんて恐くて登ろうとしませんね。

 

 

 

 

 

 

上だけ(未来だけ)を見て進む。

シンプルなんですけど、

過去のモノ、コト、手放すこと、

それが、未来に進むことですね。

 

 

 

 

 

さて、今日は、過去のモノ、コトに

向き合ってみましょうか?

未来に進む勇気が見つかりそう。

 

 

 

 

 

 ただいま募集中!!

 福岡 10月~12月『断捨離®めぐる実践3回コース』

   10月コース  10月11日・18日・11月1日(金)

   11月コース  11月5日・12日・25日(火)

 12月コース   124日・11日・18日(水)

 

時間はすべて10:00~13:00

会場は、福岡市東区千早あたり

 

お申し込みフォーム ↓

https://ws.formzu.net/fgen/S871531/

 

 

 

※2019年11月すごい渦が巻き起こる予感。

 

葉子の「断捨離®めぐる実践3回コース」募集開始!

 

熊本:木曜日コース  117日・14日(10:00~12:00)・28日 13:00~16:00

・くまもと森都心プラザ

大阪:金曜日コース  11 8日・15日・29   13:00~16:00

・大阪生涯学習センター

お申し込み:https://ws.formzu.net/dist/S41193280/

 

 

香川:土曜日コース 11月9日・16日・30日  13:00~16:00 

・サンポートホール高松 

お申し込み:https://ws.formzu.net/dist/S49099715/

 

 

 

 
 
『断捨離を始めてみよう』ランチ会

捨離についてどんなことでもお答えします。
人生を変えるきっかけになります。

9月27日(金)満席になりました。
・10月28日(月)
時間は、すべて11:30~13:30

参加費 ランチ代込み 4,000円

福岡市天神界隈詳細はこちら
http://danshari-dan.com/lp/201503/

 

 

 

※やましたひでこのメルマガがすごい!

 

 

 

※やましたひでこ断捨離講演・全国ツアー2019

やましたひでこ「本当の断捨離」

ファイナル!

東京  10月17日<木>

 

 

 

 

お申し込み&ご予約はこちらから

https://pages.yamashitahideko.com/dntl2019/

 

 

 

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村

 


関連記事

  1. 「空間」が変われば、言葉や動作も変る?!

  2. 「自然」なのですね。

  3. いよいよ『断捨離講座入門編』in福岡がスタート!

  4. 「ありがとう」って、言えたね!

  5. なにもない平面を維持するために

  6. 断捨離することは、正道でもなんでもない。

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
11月
7
1:00 PM 11月、熊本・大阪・香川にて「断捨... @ 大阪生涯学習センター
11月、熊本・大阪・香川にて「断捨... @ 大阪生涯学習センター
11月 7 @ 1:00 PM – 4:00 PM
11月、熊本・大阪・香川にて「断捨離®めぐる実践3回コース」 @ 大阪生涯学習センター
 熊本・大阪・香川檀葉子「断捨離®めぐる実践3回コース」開催  熊本:木曜日コース  11月7日・14日(10:00~12:00)・28日 13:00~16:00会場:くまもと森都心プラザ 大阪:金曜日コース  11月 8日・15日・29日   13:00~16:00会場:大阪生涯学習センター 申し込みフォーム熊本・大阪共通  https://ws.formzu.net/dist/S41193280/  香川:土曜日コース 11月9日・16日・30日  13:00~16:00 会場:サンポートホール高松 申し込みフォーム香川 https://ws.formzu.net/dist/S49099715/  講座終了後、ダンシャベリ会(お茶会) 参加費 : 39,960円(税込) (若干の交通費協力金をお願いしています。)    実は、お部屋の状態は、自分の生き方に大きく関わっています。断捨離は、お部屋がスッキリすると同時に、自分の生き方もスッキリしていくのです。なので、今からチャレンジするのは、片づけではなく、断捨離だということです。   人生は、暮らしを通して、たくさんのコトがめぐりめぐってやってきます。本来、サラサラと流れ、めぐりきて、 また流れ去るものなのに、いつからそのめぐりがやってこなくなって、暮らしが滞ってしまったのでしょうか?   それは、まるで排水管が詰まっているようなもの。だったら、その詰まりを取り、流れを取り戻せばいいだけのこと。   そう、詰まらせたのは自分。その詰まりを取るのも自分なのです。そうしたら、自ずと自分にめぐりくる人生を受け取ることができれば、愉快に暮らしていけますね。  断捨離は、どなたでもその醍醐味を味わうことができます。・・・・実践さえすれば。   いつも部屋が片づかなくて、気になる。新しいことにチャレンジしたいけど、進めない。暮らしや人生に停滞を感じている。家族や人間関係に悩んでいる。そんな方は、是非チャレンジしてください。   ・断捨離に初めて出会った方。・断捨離すれば、いいことはわかっているけれど どうしたらいいの? どこから手をつけたらいいの? という方。・断捨離に何度がチャレンジしたけれどうまくいかない。・やる気が続かない。・モノに向き合うってどういうこと?   それらを基礎から実践までご一緒に学びます。どなたでも必ずできるコースです。福岡から楽しみに通います。どうぞ、この機会に思い切って参加されて、家が変わり、自分の人生の変革の時といたしましょう。   〜〜〜講座の内容〜〜〜〜 1回目・断捨離のコンセプト  〈相似象〉・断捨離のフィールド  〈空間軸〉・断捨離の整理・整頓・掃除・モノとの関係 1~3  2回目・断捨離 環境と影響 〈空間〉・空間の機能と条件・空間、停止・麻痺・鈍化  3回目・意識 〈不要・不適・不快, 要・適・快〉・引き算のアンソロジー・「出す」の美意識とは?・ 断捨離で、運気まで上がる。 そのメカニズムとは?  21日間の実践にこだわって、仲間とのやり取りが励みとなりモチベーションが持続する、必ずやれるコースです。実践コース修了後は、断捨離乙女組のコミニュティに参加(無料)していただいて、断捨離のシェアが続きます。たくさんの断捨離仲間と共に進めていきましょう。  檀葉子に会って、断捨離のモチベーションを持続していきましょう。