断捨離とは

断捨離とは、命のメンテナンス。

断捨離とは自分自身の日常に向き合うこと。

断捨離によって、すべてのことは個々人の日常に準備されていること知り、

日常の暮らしのメンテナンスこそ、自分自身を充足させることであり、

人生をごきげんにしていくことであると気づいていくことです。

 

 

 

 

今自分をどんな状態に置いていますか?

もし、家の中で、息苦しさを感じて、イライラするのであるならば、

それは、モノが多すぎるせいです。

そんな日常は、とても辛いものです。

 

 

 

そして、何度もモノの片づけに取り組んだことでしょう。

それでも、家の中は、モノが溢れ片づかない。

何度やっても、また元に戻ってしまう。

そして、いよいよ、どこから手をつけたらいいのか分からない。

 

 

 

その状態は、現代がモノ大量生産、大量消費時代だからです。

決して、あなただけのせいではありません。

断捨離は、その解決策の視点を提供いたします。

 

 

 

断捨離とは、この3つの言葉でできています。
  • 「断」・・・入ってくる要らないモノを断つ。
  • 「捨」・・・家にはびこる要らないモノを捨てる。
  • 「離」・・・モノへの執着から離離れて囚われのない境地にいる自分。

 

家にモノが溢れていること、それはモノが過剰にある状態なのです。

過剰の解決策は、引き算をすることです。

その引き算の行動がモノを減らしていく「捨てる」ということです。

 

 

そのために、モノに向き合い、そのモノとの関係性を問います。

 

「要るのか・要らないのか?」

「適しているか・適していないのか?」

「好きなのか・好きでないのか?」

 

自分に問い、取捨選択して、手放していくことによって

自分の頭の中と心も片づいていきます。

頭の中と心が片づけば、その結果、部屋が片づいていきます。

 

 

 

断捨離はモノに向き合い、取捨選択を繰り返し

捨てる決断を繰り返していきます。

行動すれば、必ずモノは減り、家は片づき、事態は開けていきます。

 

 

 

自分自身が片づいていくことによって、なにがやってくるでしょうか?

それは、気づき。

日常の生活が、いままで無意識、無自覚で漫然としていたことに気づいていきます。

いままでは気づかなかったことに気づいていくと、

それには当然、自分の変化となり、そして、周りの変化が起こってきます。

 

 

 

その変化は、自分が思いもかけないコト、ヒトに関わることであったりします。

そうすると、人生がよりよい方向に動き出していくことを感じるでしょう。

 

 

 

あらゆることに通じる自然法則があります。

それは、「出る」と「入る」

命を維持するのに、食物を食べて、必ず排泄する。

呼吸も「吐く」から「吸う」

「入り出口」ではなくて「出入り口」といいます。

この法則に従わなければ、命の維持は難しいです。

 

 

 

モノは、必要だから取り入れる、もう必要でなくなったら家から出す。

 

 

 

ならば、気持ちも出すことが必要です。

我慢ばかりして、気持ちを溜め込んでいたり、

やりたいことに制限をかけたりしていれば、

常に、ストレスに苛まれてしまいます。

 

 

 

入ったら、必ず出る。

入れたら、必ず出す。

 

 

 

この自然の流れが、塞がれていませんか?

妨げられていませんか?

 

 

 

もし、出さなかったら、出て行かなかったら、滞って流れがなくなります。

まさに、それはあなたの人生の流れと捉えることができます。

流れや巡りのない人生は、自由で愉快で幸せでしょうか?

 

 

 

今、私達に必要なことは

出すための“ 引き算する力 ”

引き算の視点・引き算の思考・引き算の行動

それをもって、自分で選択・決断することは、

自分自身を信頼することになっていきます。

 

 

 

さらに大切なのが、自分と自分を取り巻く環境を認識する力。

“ 俯瞰力 ”

まさに、断捨離はこれらの力を付けていくものです。

 

 

 

断捨離は、モノが過剰な時代にこそ必要な新しい視点の片づけ術です。

たかが片づけですが、されど片づけ。

これは断捨離の学びと実践によってでしか得られない

人生を創造するためのものなのです。

 

 

 

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
3月
19
11:00 AM 2020年3月、東京『断捨離®めぐる実...
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実...
3月 19 @ 11:00 AM – 2:00 PM
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』
2020年3月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』                 ・木曜日コース  3月19日、26日、4月 9日     ・土曜日コース  3月21日、28日、4月11日 満席になりました                         時間は、 11:00〜14:00   会場 :未定(後ほどご連絡いたします)    参加費:45,000円  お申し込みはこちら https://ws.formzu.net/dist/S41193280/   【講座内容の詳細】 断捨離の基礎を学びながら21日間の継続実践を仲間とシェアしながら、断捨離の考え方を身につけていきます。   本来、この実践コースは、初めて断捨離に取り組む方を対象にしていました。   今回、東京では、断捨離実践1年以上の方を対象に参加募集いたします。(自己申告で大丈夫です)   1年以上、断捨離に取り組まれて、あらから土砂を出したと思われる方。  自分軸空間軸自在軸  いよいよ、そこへ進み、そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。  〜〜〜〜〜〜〜 断捨離のテキストの内容は、 モノとの関係Ⅰ~Ⅴ空間軸Ⅰ~Ⅲ意識Ⅰ~Ⅱ   実践3回コースは、まずは、徹底的にモノとの関係を問い、モノ軸から自分軸の確立をめざします。そのトレーニングが、実践です。    そして、だんだんと自分軸で考えることができるようになると、モノが減って、家が片づいてきてスッキリします。実は、それは、断捨離の目的ではありませんね。    それは、ほんの序章。 序章入り口かもしれません。断捨離の目指すは空間創り。    空間創りが生活に、人生に、自分のあり方に、自分の生き方に、反映していくのです。    なので、今回は、東京では、空間軸Ⅰ~Ⅴ、意識Ⅰ~Ⅱのほうに重点を置いてみようと考えています。    私はまだまだ先だわと思う必要はありません。    同じ裾野をぐるぐる回ってばかりでは、なかなか自分の場所は、自分ではわからないモノです。ちょっと高みと思われるとこから眺めてみるのもいいかもしれませんね。 キャンセル待ちは、こちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/