物置の中の物置の中には・・愛着?執着?

物置の中に物置が入っていたのですが、

この左奥のがそうです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なかに入っていたモノの一つは、

4人の子供の幼稚園のころからの作品や

賞状やトロフィーが入った段ボール箱。

 

 

中には、クレヨンで殴り書きされた意味不明の絵から、

厚紙で作られた金メダル。スケッチブックや

お便り帳、長男のみの育児日記等がありました。

すべて、段ボールに収められて、25年が経っていました。

 

 

 

ただ、捨てられずにそこの置かれていた。

これらは、捨てるモノとはこれっぽっちも思わず、

取って置くのが当たり前だと思っていました。

 全部取って置く・・・だから大容量の物置が

必要だったんです。

 

 

 

何十年も物置の段ボールの中に置いている・・・、

これが大切な思い出の品と思っているモノに対する

扱い方でしょうか?

これが、子供に対する愛着ではなく、

ただの執着だと気づいた時、すんなりと

手放すことができました。

 

 

全てを処分し、たった一つ残したものはこれ。

 

IMG_1172

 

長男がミニカーをたくさん積んで遊んだ、

お気に入りの車両運搬車。

一つに絞り込んで、

なおさら子供達の思い出がとても愛おしく思えるのです。

 

 

 

 

断捨離トレーナーだんようこです。

 

 

 

『スッキリ・キッチリ学ぼう断捨離』3回コースの

断捨離乙女達がシェアしてくれたモノ達。

 

 IMG_2641

 

 女の子のかわいいピンクの長靴達!

 

IMG_2659

 

 

IMG_2674

 

 

IMG_2678

 

 子供のモノは、かわいくって・・・、

あの頃の彼らを思い出すから捨てるなんて・・・。

 

 

でもね、子供達は、未来に向かってどんどん成長していく。

過去を引きずる母・・・あの時は、可愛かった。

または、あの時は大変だった。

それって彼らの成長の足を引っ張ってないかしら?

 

 

過剰な思い出の品は、私のように執着となって

囚われになってしまう。

ご用心!

 

 

 

 

◆7月11日(金)福岡「Let’s  断捨離」19:00〜21:00
      http://urx.nu/9xkH

 

 

◆だんようこ7月の予定です。

     http://urx.nu/9yog

 

 

 

ランキングに参加しています。

応援のポチっ

ありがとうございます。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村

 

  にほんブログ

 


関連記事

  1. Doing  断捨離

  2. スッキリと、断捨離の輪が広がる。

  3. また、日常での気づき。

  4. 福岡断捨離会メルマガ「高かったから、捨てられない。」より

  5. 「捨」のお試し期間もあり。

  6. 田舎も街も、行ったり来たりがいい。