定年後、それぞれの山を目指しています。

中央アジアのカラコルム山脈・・・。

とても覚えられない名前でした。

夫が、1ヶ月の遠征から帰ってきて、

初めて言えるようになりました。

 

 

K2

 

 

 

 

 

やましたひでこ公認

    断捨離トップトレーナー檀葉子です。

 

 

 

 

 

 

夫は、早めの定年退職をして6年半。

毎年、世界の名だたる山にトレッキング遠征を

しています。

日常は、そのための体造りに励んでいるのです。

 

 

 

 

 

 

50歳くらいから

私自身、夫の定年後の生き方がどうなるのか、

とても不安だったのです。

結婚生活30年。

きっとそれと同じくらい長い時間がこれから

あるのですから。

 

 

 

 

 

 

私は、夫の定年と同時に家を出ました。

これからをどう生きていくかを模索するためです。

当時の私は、経済的にも精神的にも自立していないままに。

 

 

 

 

 

 

断捨離によって、

順番に勇気をいただきながら、

 

 

 

 

定年後をどう生きたいか?

考える、考える。

 

 

 

 

 

インパクトありのタイトルだけど、

これは、あくまでも自分の気持ちに

向き合うための内容。

ひたすら「自分との関係」を

問い直すもの。

 

 

 

「しばられない!」

「しばらない!!」

 

 

 

 

 

 

しばられてると感じている人は

実は、それ以上に、しばっている!

 

 

 

 

 

 

この著書の最後の方にこう記して

あります。

あなたの人生の舞台は、

 

 

 

そう、私自身、夫の定年退職を機に

断捨離山の登山隊の旗振り始めました。

 

それから、その山はほんの入り口で、

断捨離山は、断捨離山脈だったとわかって

今は、次々とチャレンジが続くと理解しています。

 

 

 

 

 

 

なんだかな〜。

ともあれ山を目指すとは、

縁あって夫婦となった意識が

繋がっているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

身体をさらに削ぎ落とし、鍛錬している夫。

ますます健康でありがたいかな!

 

私も、削ぎ落とし、研ぎ澄まし・・・を

目指していきます。

 

 

 

 

 

 

自分の人生の舞台に勇気を持ちたい方、

必読です。

 

 

 

 

 

 

 

※お知らせ

さて、ブログと共にメルマガを発信していますが、

ウォーミングアップとして毎日続けて

1年が経ちました。

 

 

8月からは、週1〜2回の発信で

ブログには書ききれなかったコトを

書いていきます。

 

ご登録がまだの方は、

ぜひ登録されて、お待ちください。

 

檀葉子無料メールマガジン登録はこちら

 

 

 

 ただいま募集中!!

福岡 9月~10月『断捨離®めぐる実践3回コース』

   9月コース   9月4日・11日・25日(水)

   10月コース  10月11日・18日・11月1日(金)

 

時間はすべて10:00~13:00

会場は、福岡市東区千早あたり

 

お申し込みフォーム ↓

https://ws.formzu.net/fgen/S871531/

 

 

 
『断捨離を始めてみよう』ランチ会

捨離についてどんなことでもお答えします。
人生を変えるきっかけになります。

・8月1日(木) 11:30~13:30

参加費 ランチ代込み 4,000円

福岡市天神界隈詳細はこちら
https://danshari-dan.com/lp/201503/

 

 

 

※やましたひでこのメルマガがすごい!

 

 

 

※やましたひでこ断捨離講演・全国ツアー2019

やましたひでこ「本当の断捨離」

あと2都市において。

金沢   8月21日<水>

東京  10月17日<木>

 

 

 

 

お申し込み&ご予約はこちらから

https://pages.yamashitahideko.com/dntl2019/

 

 

 

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村

 

 


関連記事

  1. 愉快に生きるために「家事の断捨離」&「定年後の断捨離」

  2. 還暦、未来還暦、とっくに還暦、集合です。

  3. 「孤独を味わう」あまのじゃく?

  4. モノや情報、社会は日進月歩なのだから

  5. あこがれの言葉「おウチごはんしよう」

  6. 私にちょうどいい雛人形