地を這う

実家の庭の椿についたチャドクガ。
どんどん広がって、5本の椿とサザンカに及んでいました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_3351-720x960.jpg

高層マンションにいて、虫の世界から離れていた私は、
自分が毛虫にやられると言うことを
すっかり忘れていました。

 

地上の世界を思い知らされたように感じました。
それは、良くも悪くも。

 

 

やましたひでこ公認
   断捨離トップトレーナー檀葉子です。




お庭関係のお仕事も、
コロナの「緊急事態宣言」中は、
お仕事がぐっと減っていて、
解除のなったとたん、時季も到来で、
今、依頼が殺到しているそう。

 

そんな中を、兄の知り合いの造園会社の社長さんが
自らが駆けつけて、消毒をしてくださった。

 

葉っぱがなくなって、食べる葉を探して
家の壁にも這い上がって来ていた状態。
椿の木々が、全滅寸前でしたが、
ほんとうに、ありがたかったです。

 

断捨離「自在力」に出てくる。

地を這う人。
木に登る人。
そして・・・飛行機に乗る人。

その言葉が思い出されます。


または、
虫の目。
鳥の目。


蛇の目、
龍の目。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_3360-720x960.jpg

地を這うだけの人は、
すなわち「不要・不適・不快」なモノや情報を
手放すことに無自覚・無意識な人。

そうすることが必要だと知っているだけの人。
そして、過去を引きずり、
未来を不安に染め、「今を生きる」ことができない人。

       やましたひでこ著『自在力』より

 

本当に地上は、色々なことが多すぎる。
地を這い、虫の目でいると雑多のことが
入って来る。

 

昨年は、毎月数回、
飛行機に乗って移動していたのに、
今は、飛行機に乗らず、
高層マンションから自ら地上に降り、
地を這い回っている。



見えない世界と現実の世界があまりにも
わかりやすい。

 

こうも書かれています。

空からの景色は、まさに次元の違う眺め。
いつでも、この大地を俯瞰することができます。
そして、必要とあらば、地上に降りて木に登ることも、
地を這うこともできる。

さてさて、必要とあらば・・・地を這いこともできる。
それで、あってほしい。
そう信じて・・・。

 

断捨離の力を鍛えよう! すべては行動トレーニング↓

 7月『断捨離®メクル実践3回コース』

6月の各コース、満席になりました。

・7月   9日・16日・30日   (木)   10:00~13:00満席となりました。
・7月11日・18日・25日(土)10:00~13:00

・8月のZoom講座,受付開始

全国どこからでもご参加いただけます。

8 月2日・  9日・23日(日)
8 月5日・12日・26日(水)(日程を変更しています)

お申し込みフォーム ↓
https://ws.formzu.net/fgen/S871531/

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。
ランキングに参加しています。
応援のぽちっ!
ありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村

========

 
断捨離トレーナーの体験談が動画で登場
やましたひでこ断捨離公式チャンネル
 

※やましたひでこのメルマガがすごい!
https://yamashitahideko.com/

 


関連記事

  1. 夜のつぶやき19

  2. 夜のつぶやき10

  3. 「ウチ、断捨離しました」さみしかったのですね・・・から。

  4. 夜のつぶやき16

  5. 福岡断捨離会 檀 葉子

    夜のつぶやき65〜私も携帯は持ってます。

  6. 夜のつぶやき22