ラグビーボールのように抱えてススメ!

大雨が過ぎて、穏やかな天気に回復しました。
とても涼しいこの頃。

朝からすごいセミの大合唱が
聞こえてきました。

そうだ7月、夏だった・・・。
もう直ぐ、夏休みなんですね。




やましたひでこ公認
    断捨離トップトレーナー檀葉子です。




断捨離で教わった今から意識していくのは、

引き算の視点
引き算の思考
引き算の行動

すべて、引き算を意識していくことを
勧めます。



もともと人間は足し算思考で
生きてきた。
モノがない時代が長かったので、
なんでも取っておかないと、
いつ、それが手に入るかわからないから。



でも、もう今は、必要なものは、
直ぐに手に入る時代に生きているのです。



足し算から引き算へ
それが、断捨離の問題解決の視点。



さらに、私は、「空間」の「間」
「間を置く」ことも問題解決視点と考えています。



時間的に
距離的に
エネルギー的に



問題に関して、直ぐに解決がつかないことに
いつまでもこだわるな。
捉われるな。



時間が経てば、変化していくこと。
距離を置けば、今を煩わされないこと。
エネルギーが回復すれば、対処できること。



それを私は、
「未解決問題は、ラグビーボールのように抱えてススメ!」
と、言います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FUTi93tXq405grZVGgDqG4BnHQ0tsXWUF93DgZDpvMYfTrT48vlUui_p3POpaGoCGPK37_lwChHX9Tx8FrQrQOzPMJtkQ1PNr5iBTdT7-EUWaRLM1hqG5quqpt_PsylPZe__uf9UiI3jIzAEdbgDdhFOB4f9khZIX0RDQ7a0zjuEIwwBFPXRcHYaVPvfo0OQ.jpg

先日、久しぶりにこの言葉が出てきました。



「こわいはススメ!」
と、もう一つの言葉です。



問題は、あっていい。
今すぐに、解決できないことは、
そのまま抱えて、ススメ!



そうすれば、「空間」の「間」の力が
必ずや解決の方向へ導いてくれる。



こわくてもススメ!
問題を抱えていてもススメ!
とにかく、ススメ!



ひゃあ〜〜!
進むしかない!
なんて、むちゃぶりなんでしょう〜。

お 知 ら せ

緊急事態宣言により、4月より全講座をオンラインに切り替えています。

ですので、県外からの参加者も大歓迎!

現在、岩手県、関東、関西、香川県、長崎県、鹿児島県、
からもご参加いただいています。
2021年1・2月指宿リトリートでの2つの講座

日程のお知らせ。

詳細はこちら
https://danshari-dan.com/news/43227/

お申し込みは、12月1日からスタート


1、
『断捨離®メクル3回コース』

        in 指宿リトリート


あの天空間の中で、「断捨離®メクル実践3回コース」
を開催します。 (まるで、合宿)

どなたでもご参加可能です。



● 日程  1月コース:2021年 1月25日・27日・29日

                     2月コース:2021年 2月8日・10日・12日

                     10:00~12:00 +夜のダンシャベリ会

単発 1日だけの参加も可能です。


● 会 場    指宿リトリート

参加費  44,000円



2、『断捨離®日常あるある哲学塾
          in 指宿リトリート

● 日程 1日講座

     2021年 1月11日(月)
          1月19日(火)
          1月28日(木)

           2021年 2月  5日(金)
                2月11日(木)
                2月17日(水)

9:30~12:30  +夜ダンシャベリ会


● 会 場    指宿リトリート

●参加費  22,000円/1回


お申し込みは、12月1日からスタート

https://www.youtube.com/watch?v=RzB3sREaqqI

\ にほんブログ村に参加しています/

 
応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

断捨離®の提唱者 やましたひでこ 情報







無料メルマガ登録する




やましたひでこ公式You Tubeを見る


関連記事

  1. 断捨離トレーナーの面目躍如

  2. 食べることは生きること、生きることは食べること!

  3. 命のケアの「家事」を習慣にしたい。

  4. 『ガラクタを貯め込む女、捨てる女。』

  5. 日常の感謝は、こうして湧いてくる

  6. なにもない平面を維持するために