夜のつぶやき51〜置いた私がバカだった

こんばんは。
夜のつぶやき。



やましたひでこ公認
    断捨離トップトレーナー檀葉子です。



年老いた親が、必死で思い、することに
どうして、イラっとするのでしょうか?
この鬼娘は。



昨夜の「つぶやき50」
大阪へ行くと告げなければいいのだけど、
夕ご飯の準備は、5時半から。
そこまでに帰ってこれなければ
こうこう、しかじかで遅くなると
告げなければ、父の気がそぞろになる。



父は、「大阪?!」と驚く。
それは、一大事、特別だ。
ちゃんと見送らなければ
今生の別れになるやもしれん。
とは、思ってはないと思うけれど・・・。



目覚まし時計なしで、5:55分に起きてきた。
体内時計は、健在!



そして、言う。
「わしの朝ごはんの準備はせんでいいからな。」
え〜と、昨夜すでに準備して、申し送りも終わっている。
する気は毛頭ないのだけど・・・。



父のなにがそうさせる?
遠慮?
習性の刷り込み?
こんなに心配しているのわかってほしい表現?



夜も、帰りを待ち構えてます。
で、玄関の鍵もかけないまま・・・。



例えば、子育て中の自分の子供に対しては
どうだろうか?



「心配で、待ってたのよ」と、
これは、中学生以上にしたら、
絶対「うざい」と言われそう。



いま、私は、中学生をしているのか?



でも、やっぱり父は、体調を崩す。
だけど、ただの睡眠不足なだけ。
本人は、風邪を引いたと認めない。
お昼にたっぷりお昼寝したら、
夜は、すごい食欲でうなぎと551のシュウマイを
うまい、うまいと平らげた。



ちょっと悪かったかな〜と思い、
優しくしようと思った今朝、
「あれ(空気清浄機)の電気がついてるのはよかとか?」
と、聞かれた。



毎日、聞くな〜〜!
それで、イラっとして、優しくできないとさ。



つけていなければ、イラっとしないんだよね。
空気清浄機つけてた私がバカだった?

\ にほんブログ村に参加しています/

 
応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

断捨離トレーナーが開催
Zoomお茶会

福岡断捨離会 檀 葉子
 
 

関連記事

  1. 毎年恒例の私のおいしい。

  2. 『私達は、空間の力を知らない』福岡にて・・三都市巡りの旅③

  3. 何をしないで、何をやめますか?

  4. その価値は、だれがつける?

  5. モノにはもれなくついている3つの人生の「間」

  6. 「この果てしない感が愉しい!」名言だわ〜。