夜のつぶやき91〜家への電話

こんばんは。
夜のつぶやき。


※4月1日から、96歳の父の介助が必要となり
コロナ禍の「非常事態宣言」のために
トレーナーの仕事も私室からのZoomと切り替わり、
介助が可能となったタイミングに驚きながら、
実家にて父と同居することとなりました。


やましたひでこ公認
   断捨離トップトレーナー檀葉子です。

 

実家には、家の電話があります。
以前より数は減ったけれど、時々かかってきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: telephone_image.jpg

私は、ほとんど2階にいます。
電話が鳴るのは、よく聞こえます。


ああ・・・また、父が出るぞ〜。
と思います。


まず、何かの営業の電話しか
かかってこないのだけど、
律儀な父は、いそいそと出ます。


そして、父は、いつも聞き取れなくて、
「私は、わかりません」と言うか、
相手が、あきらめて切るか。


今は、私が、いるので、私を呼びます・・・。
「〇〇さんから・・・」
言われた名前は、まったく似てもに似つかない名前・・・。


営業の電話です。


私もめんどくさいから、
「家政婦ですから、わかりません」
と、言って切ります。


「あのね、うちに必要な人は携帯にかかって来るから
電話にでなくていいよ。」
というより、
「でないでね。」(でるな!)
と言うけれど、さっさと出ます。


実家って、電話ありますよね。
これこそ、父達の世代にとっては、
文明の利器の最たるものではないかしら。
きっと、仕事も生活も電話と共に
発展してきたのではないかしら。


だから、父は、電話に呼ばれたら
出ないではいられないし、
「いったい、なんの電話だったのか?」
と私に確かめずにいられない。


やれやれ・・・。
もう、あなたに電話をする人は、
この世界にはいないようなんだけど。

 

\ にほんブログ村に参加しています/

応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

 

断捨離トレーナーが開催
Zoomお茶会

福岡断捨離会 檀 葉子
 
 

断捨離®の提唱者 やましたひでこ 情報







無料メルマガ登録する




やましたひでこ公式You Tubeを見る


関連記事

  1. 引き出しが多い家

  2. 実家の断捨離、子は親を乗り越える?!

  3. 実家のキッチンの天袋から

  4. 夜のつぶやき34

  5. 夜のつぶやき68〜ご飯が炊いてある・・・。

  6. 夜のつぶやき57〜歩いてー?!