夜のつぶやき〜復活〜

夜のつぶやき

コロナ禍の1年半を父と実家で過ごしました。
コロナ禍の始まる2020年3月下旬に
体調を崩し、介護が必要になって、
4月から父と暮らしました。

その様子を、「夜のつぶやき」100編に
綴ってきました。

とても元気になった父は、
2021年の8月に自分の意図することではないけれど、
老健ホームと移り住みました。

同居の解消です。

ホームでは、ますます元気になって、
穏やかに暮らしているようでした。

5月の終わり頃に、ホームで転んで骨折。
それも、3日目にはリハビリに入っていると
聞いていたので、回復も早いと踏んでいました。

6月3日夕、突然、緊急手術の承諾の連絡。
内臓の機能不全(?)だったのです。

すぐ手術しないと、今夜にも危ないと・・・。
兄と私は、90歳を過ぎるころから、
何かにつけて、延命治療をするかどうか聞かれて、
もう延命治療はしないと合意していました。

なので、何度も手術をすることを確認されたけれど、
手術はしないという選択をしたのです。

そして、危篤の状態が続く、
コロナで、会うことも許されず、
まだまだコロナに対して厳戒体勢は変わっていないのです。

最後を看取ることはできないと覚悟したのです。
もう、対面するのは、亡くなってからということ。

家族にとって、緊急体制を取ったままの日々が
過ぎていきました。

ところが、6日になって転院。
父の意識がはっきりしてきました。

あれあれ・・・、
動画で、医師としっかり会話している。

父は、奇跡の復活を遂げたのです。
97歳!

まだ、だったんですね父は。

絶食で、ただ寝ている間に
なんだか、機能回復したらしいのです。

いま、特に悪いところはないと
いうことなのですが・・・そんなことってある?

父なら、あるんですね。

そんなこんなの10日間でした。
もうしばらくしたら、父はホームへ帰れそうです。

もう、命に尊敬しか湧いてきません。
思わず、祈っていや拝んでしまいます。

友も同じように祈っていました。

明日が満月(?)



 

\ にほんブログ村に参加しています/

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへ 
 にほんブログ村

応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。


関連記事

  1. 福岡断捨離会 檀 葉子

    夜のつぶやき65〜私も携帯は持ってます。

  2. 夜のつぶやき81〜とても穏やかな人です。

  3. 夜のつぶやき47〜びっくりした〜。

  4. 夜のつぶやき79〜オロナイン軟膏

  5. 夜のつぶやき45〜96歳の初体験

  6. 夜のつぶやき49〜紙類