月に祈りを5〜そして、骨に響き、、記憶のイメージが流れ込んでくる

断捨離®のやましたひでこがひとりキャンペーンに乗り出した。
大切な友人の哲ちゃん復骨祈念「写真&エッセイ」選
私も、応援します。
キャンペーンに参加します!

1日遅れでセレクトやましたひでこのブログを
リブログさせていただきます。
どうぞ、必要な方に届きますように。


目に見えないものに重きを置き、在ることに手を合わせた。

それが我が国の、古からの智慧だった。

いつの間にか、それらは科学的に証明できるのかという話にすり替えられ、目に見えないものは怪しいものと一蹴されるようになった。

先人たちは、現在の僕らをどう思うのかな。

退化している末裔の行く末を、案じてくれているのかしら?

目に見えないものを大切にして祀ってきたことが、国内を隅々まで撮影すると、手に取るように見えてくる。

それは車一台通れる道を上った先に、地図を片手に道なき道を迷いながら登った先にぽつりと在る。

二礼して手を合わせると、決まって風が吹いてくる。

まるで何かを伝えているような、震えるような音が、全身を揺する。

そして骨へ響き、記憶のイメージが流れ込んでくる。

<2021/02/18 野村哲也 写真と文>

お申し込みは、こちら  https://resast.jp/events/535270

\ にほんブログ村に参加しています/

応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

 

https://www.dansharizaidan.com/ibuseki-jizen

やましたひでこのメルマガがすごい!

https://yamashitahideko.com/


やましたひでこ公式You Tubeを見る
 


関連記事

  1. 月に祈りを(番外)〜動き続ける〜

  2. 月に祈りを4〜今は過去を含むが、過去が今になることはない。

  3. 月に祈りを20〜みられている、と強く感じる場所がある。

  4. 月に祈りを14〜次元が変わり始めた〜

  5. 月に祈りを(番外編が続きます)〜ひかりとやみ〜

  6. 月に祈りを3〜ほんの少しで良い、見方を変えるだけで