「そこに感情があると気づくだけで、癒しがはじまる」〜素通りする感情を拾うワーク

久しぶりの日の出前の空
見えるのは、ビルの合間から・・・。



指宿リヒトでたくさん見てきたから、
その時の映像が蘇ります。
でも一度として同じ日の出はないのだけど。


やましたひでこ公認
   断捨離®トップトレーナー檀葉子です。


いままで、泣いたことがなかった。
いえ、泣くほどつらいとか、悲しいとか、
惨めだとか・・・そこに自分を置かなかった。

さらりと、素通りさせてすませていた。

ところが、楽しみにしていた会へ、
みんなが待っている。

家を出たら、急な土砂降り。
通り雨だから、ちょっと雨宿りすれば凌げるけれど、
雨宿りすると、電車の時間に遅れる。

同じ道ゆく人は、雨宿りしている中
強行して土砂降りの中を歩く。

ところが・・・電車に間に合わなかった!
ああ、会に遅れる!!

次の電車は、雨宿りして雨をやり過ごした人たちと
一緒になった。

自分だけ、ずぶ濡れ・・・。

さらに、約束の時間に間に合わない。
・・・泣いてしまった。


映像が浮かぶ、こちらにもその感情が伝わってくる
シェアでした。

初めてだったそう。
こんな感情を味わって涙を流すなんて。

ずぶ濡れ、乗り遅れ、遅刻・・・
ああ、恥ずかしい、惨め、申し訳ない。

いままで感じないように、感じないことが
いいことだと思っていたことが、
しっかり、感じることができた。

全然大したことのないコトで、
いっぱいいっぱいの感情を味わうことができた。

私は、ほんとよかったね。 とねぎらった。


image

おのころ心平氏著「ななつのスイッチ」
のまえがきに

インドの「アーユルヴェーダー」にこう書かれている。

「そこに感情があると気づくだけで、癒しがはじまる」

僕らの意識というものは、さながらスポットライトの
ようなもの。
そこに、光を当てるということは、
「存在を認める」ということ。

つまり、そのこと自体に力がある、ということを
この言葉は伝えてくれています。

=========

「信じて期待せず」講座にて
日常の素通りする感情を拾っていくワーク
その成果かな?

全ては日常に準備されている。
くだらないと思うコトが、
実は大きな気づきと
感情の取り戻しになっていくようですね。

 

\ にほんブログ村に参加しています/

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへ 
 にほんブログ村

応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

 
 

7/20 (水)佐世保にて「断捨離講演会」

image                  image

8月、檀葉子リヒトでの1dayセミナー(親子参加限定)

 

【講座のご案内】 

リヒトにおいて「断捨離®メクル集中コース」
44,000円

・7月 9日(土)・10日(日)・8日チェックイン

https://ws.formzu.net/dist/S21405082/
 

※年9月「断捨離®メクル実践3回コース」
対面講座(福岡市東区)
・8/26・9/2・9/16(金)10:00~13:00
zoom
・9/6・13・27(火)10:00~13:00

https://ws.formzu.net/dist/S871531/



※断捨離®九州トレーナー会
断捨離九州.com
 

断捨離®九州トレーナー会メルマガ登録
よろしくお願いいたします。
こちらをクリックしてください↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【お知らせ】

✳️指宿リトリート会員募集
https://www.dansharizaidan.com/ibuseki-jizen

✳️九州断捨離®トレーナー会
http://断捨離九州.com/

 やましたひでこ公式You Tubeを見る

✳️ やましたひでこ公式メルマガ登録
https://yamashitahideko.com/

✳️   BS朝日『ウチ、断捨離しました!』
https://www.bs-asahi.co.jp/danshari/

毎週月曜日 BS朝日夜8:00〜
見逃し動画配信:TVer


 ✳️ 全国トレーナー活動がカレンダー形式で
ご覧いただけます。
断捨離トレーナー <カレンダー>

✳️ 一般財団法人断捨離
https://www.dansharizaidan.com

✳️ フォロワー募集中
Facebook 一般財団法人 断捨離

 


関連記事

  1. シニアの断捨離〜セカンドライフのために〜

  2. 日本文化のもつ「間」の力

  3. 空間が見える!自分を応援してくれる。

  4. 東京にて3日連続、絶好調!

  5. 無いからこそ、創り出してきた女達

  6. 空間軸「住空間」から考えよう