どこでも、どんな時でも楽しみます。

帯広にきています。
九州にはない街路樹・・・紅葉
落ち葉に、色のコントラストにかなり感動しています。

やましたひでこ公認
   断捨離®トップトレーナー檀葉子です。

 

10月31日、ここ数日、帯広は快晴であったかい。
九州人としては、こんなモノ、あんなモノ
持ってきたのですが、一度も活かせず・・・よかったです(ね)

 

本日は、九州トレーナー会の私の担当メルマガです。

=========

「どこでも、どんな状態でも楽しみます。」

東京のマンスルーマンションに住み始めて
10日経ちました。

今回、4歳の孫が長期の治療を要する病に罹ったため、
娘家族のサポートに東京で暮らすことにしました。
私は、ここ8年くらい、住まいを変えながら暮らしてきました。
だから、東京に住む決断も早かったです。

マンスリーマンションは、最低限の家具と家電は揃っています。
そこからの暮らし・・・少し楽しみでもありました。

すぐ目の前に、大きな商業施設があり
ホームセンターから、スーパー、ドラッグストア、ユニクロ
ダイソー、無印良品・・・なんでも、なんでもあるのです。
お一人様のそれはそれは美味しそうなできあいの食事も。

すぐ横には、緑あふれる公園があり・・・。
今さらながら、東京って便利で暮らしやすいんだ~。
と、感心してしまいました。

私の中でずっと以前から、東京は怖いところ、
お金がかかるところで住むところではない。
緑豊かな、たべものが安い地方に住むべきだと
思っていたところがあります。

12年前、断捨離に出会うまでご縁のなかったところでした。

断捨離を進めてきたおかげで、
住むところにこだわらない。
持ちモノは、最小限で。
どこでも暮らしは、その場所で楽しめる。
そんな自信があります。

さて、数ヶ月を東京で過ごします。
娘家族のサポートをしながら、
ここで、ゆっくりと自分自身のこと、
外側の社会のことを考える時間をいただいたと思えます。

それを、孫の病がきっかけになるとは、
私の不徳のいたすとこではあるのですが、
これも、全ては流れの中にいると受け止めます。

私たちは、モノの断捨離の後は、
家を「磨く」ということを知りました。
「磨く=祈り」だと知っている多くの仲間たちが、
磨くという行動をしながら孫のことを祈ってくださるそうです。
とても、心強いです。
心からありがとうございます。

11月から、私の月曜日担当ののメルマガを
九州トレーナー会の断捨離トレーナー・インターンが
交代で担当いたします。
きっと、新たな視点で楽しませてくれるでしょう。

ご期待ください。

これからもどんな場所でも、どんな時でも
断捨離道をご一緒に進みましょう。

ありがとうございます。

 

※断捨離®九州トレーナー会
断捨離九州.com

断捨離®九州トレーナー会メルマガ登録
よろしくお願いいたします。
こちらをクリックしてください↓

山中ひろよトレーナー
中村瑞恵トレーナーインターン
クマガエユキエ トレーナーインターン
吉田幸子トレーナーインターン

\ にほんブログ村に参加しています/

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへ 
 にほんブログ村

応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

※断捨離®九州トレーナー会
断捨離九州.com
 

断捨離®九州トレーナー会メルマガ登録
よろしくお願いいたします。
こちらをクリックしてください↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【お知らせ】

✳️指宿リトリート会員募集
https://www.dansharizaidan.com/ibuseki-jizen

✳️九州断捨離®トレーナー会
http://断捨離九州.com/

 やましたひでこ公式You Tubeを見る

✳️ やましたひでこ公式メルマガ登録
https://yamashitahideko.com/

✳️   BS朝日『ウチ、断捨離しました!』
https://www.bs-asahi.co.jp/danshari/

毎週月曜日 BS朝日夜8:00〜
見逃し動画配信:TVer


 ✳️ 全国トレーナー活動がカレンダー形式で
ご覧いただけます。
断捨離トレーナー <カレンダー>

✳️ 一般財団法人断捨離
https://www.dansharizaidan.com

✳️ フォロワー募集中
Facebook 一般財団法人 断捨離

 


関連記事

  1. やましたひでこメルマガ第1号〜2010年9月

  2. 断捨離の第3フィールド「意識」につながっていくために

  3. 「あきらめる」は、現状認識

  4. 呼吸、ため息もある

  5. 「ないものをみるのではなく、あるものをどう活かしていくのか」…

  6. 空間は、理論や哲学に先立つ