断捨離プラチナセミナーin大阪でわかったこと

私は、シャーリー。
3回目のプラチナセミナーの参加のチャンスに恵まれる。

1日「俯瞰力」のトレーニングを受けて、頭が揺れて、ヒートアップする。
「俯瞰力」とは、自在に果敢に生きる力。

私達は、本来(よりよく生きようと)目的に向かって進める存在。
その目的に向かってアクセルを踏もうとする。

しかし、しっかり自己ブレーキがかかっている。
このブレーキ探し、外すために俯瞰が必要。
ブレーキとは、停滞の状態。 場の影響を受けて停滞している。 
ではその場を整える。

その場を「断捨離」というツールで整えていくと、同時に「俯瞰力」が付いていく。
俯瞰力がつくと、ブレーキがはずれ、アクセルを踏むまでもなく進む。

本当にいままで、ブレーキかけたまま「努力、頑張る」付アクセルを踏んでた、
重たいはず進まないはずよね。
アクセルを踏むまでもなく進む・・・この感覚いいなあ
ぽんさんの 軽快な深い言葉。

うれしい、たのしい。 
視点がどんどん変わっていく。
ほんとうにプラチナだ。


関連記事

  1. 「他人のモノには手をつけない」向き合う覚悟と勇気

  2. 佐賀のダンシャベリ会へ、JRで旅気分。

  3. 「考えるな! 見よ!」

  4. 本来の命の取戻し

  5. 断捨離的四住期〜「日常あるある断捨離塾」にて

  6. 今年も・・・断捨離に明け暮れた。