無害なのになぜ怖い?理不尽に嫌われる理由

おはようございます。

チーフ断捨離トレーナー檀葉子です。

 

 

 

 

昨日は、「夏越の祓」

いままで、茅の輪くぐりくらいしか

意識していなかったのに

昨日が、しっかり断捨離に勤しむ私

なにか祓たい「ケガレ」を感じていたのかしら。

昨日は、書類を諸々、処分しました。

 

 

 

 

 

さて、「思考の断捨離」

自分の考え方のクセに気づこうという

ワークをしていく中で、

「恐怖」の言語化をしていると、

「ゴキブリさん」(あえてさん付け)が

登場することが時々あるのです。

 

 

 

 

 

その嫌われ方は尋常ではないですね。

一目見ただけで

「ぎゃあ〜〜〜〜!!」とのけぞられ、

そして、血相変えて、追い回される。

こんなコトって、他にあるでしょうか?

 

 

 

 

 

その時の私の問いは、

ゴキブリさんは、ただ生きるために生きているだけ、

どうしてそんなに嫌いなの?

 

 

 

 

 

言っておきます。

私だって「ゴキブリさん」は、好きではない。

できることなら、遭遇したくないですね。

 

 

 

 

 

 

ネットで検索してみると、ちゃんとあります。

〜ここから〜

無害なのに、なぜ怖い?

「ゴキブリが人間から理不尽に嫌われる理由

(やっぱり理不尽なのです)

1.見た目がグロテスクで気持ち悪いから

2.動きが超高速だから

人は、急速に迫ってくるものにプレッシャーや恐怖を抱きます。

3. 人間の本能が拒否反応を示すから

人間の本能にはゴキブリが天敵であるということが

インプットされていると考えられる。

        〜抜粋、ここまで〜

 

 

 

 

 

ところが、ある人がひどく落ち込んだ時に

「私はゴキブリ以下の人間だ。」

と、言ったのを聞いたことがあるのです。

そうすると、

「ゴキブリさん」を自分の中での意味付けを

考えてみる必要があるなと、思ったのです。

 

 

 

 

 

思考のクセって、

見た目の嗜好、

思い込み、

本能も関わっているのです。

 

 

 

 

 

それって、本当に恐怖なの?

どのくらい恐怖なの?

 

 

 

 

 

まあ、嫌いなモノは嫌いでいいのです。

たかが、ゴキブリさんでこれだけ恐怖体験ができるのも、

ある意味、感覚の刺激、本能を呼び起こす刺激

なのかもしれません。

でも、究極、同じ地球上の生き物ですけれど。

 

 

 

 

 

朝からこんな登場者ですみません。

ところが、こんなに嫌いで恐怖の登場者が

生息している我が家って・・・どうよ?

問題はこっちです!

さあ、急いで片づけよう!

 

 

 

 

再放送  2018年71日(日)夜9001054 

ウチ、“断捨離”しました!3

 

【放送日時】

201877日(土)夜 700854 放送

BS朝日 ザ・ドキュメンタリー」
ウチ、断捨離しました4
ザ・ドキュメンタリー番組サイトはこちら

 

 

 

福岡・関西にて、参加者募集中です。

※2018年8月の福岡『断捨離®めぐる実践3回コース』

福岡8月の日程をアップしています。

2018年8月の福岡『断捨離®めぐる実践3回コース』

土・日の開催です。

8/4(土)12日(日)19日(日)

 

2018関西7月「断捨離®めぐる実践2回コース」

現在募集中  土曜日コース残席2名

金曜日コース  7/13・8/17   10:00~16:00 

土曜日コース  7/14・8/18   10:00~16:00

(どちらも講座は、15:00まで。 あとは断捨離談義をいたしましょう。)

 
 
人生を変えるきっかけに!

お気軽に断捨離が学べる『断捨離を始めてみよう』

1回講座、内容は全て一緒です。

・7/2(月) ・7/7(土)

・8/2 (木)   ・8/26(日)

個別の30分の無料電話相談付き

詳細はこちら
https://danshari-dan.com/lp/201503/

 

 

 

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村


関連記事

  1. 今年の感謝を込めて『断捨離祭り2014』その3

  2. 出してみると、こんなに??

  3. 実践コースで、出るわ出るわ収納ケース

  4. 「常識を否定すると、子どもは人の話を聴く」そう思う!

  5. 「今」を感じる鍋磨き。

  6. 人生予想がつかないくらい・・楽しんでます。