やましたひでこ著「自在期」暮らしに深く腑に落ちていく。

今週末、東京です!

満席間近です。
6/25  青山にて、講演会
午前・午後の部、内容変えて、お話します。


 






本日も、リヒトにてイベント、
一つ一つ、こなしていますが、
結構、綱渡り状態・・・これ、いい状態です。



やましたひでこ公認
    断捨離®トップトレーナー檀葉子です。


昨日は、やましたひでこと40名あまりの皆さんとの集い




「自在期」についての感想文を、
それぞれの朗読で聞かせていただき、
みなさん、すばらしいと感じ入るばかりでした。

「自在期」の全てにおいて、
日常の暮らしの中にあること、
そして、その本質を考えさせられることばかり、
だから、哲学書と捉えています。




本日の九州トレーナー会のメルマガ、
ここでも、日常のお金のお話ですが、

「自在期」P82 に
その本質について書かれていました。
なるほど! と深く腑に落ちていきました。

==========
2022年6月20日  No.730

人もお金も勝手に集まってくる
━━━━━━━━━━━━━

断捨離®トップトレーナー檀葉子です。

「お金」の話が続きます。
気づいたのです。

断捨離でモノと向き合う時、
必ず、捨てられないと悶絶する理由に
「高かったから」
「せっかく、買ったのに」
お金を費やしたことがあげられる。

お金があれば、捨ててもまた買えるのに、
ないから、買えないから、捨てられない。

それは、
お金を貯める=不安をためる
自分に自信がない=手元にないと不安
となっているよう。

講座の中で、モノが使われず、活かされなかったら、
自分がつけた自分のエネルギー(捨てられないという)が
不活性エネルギーとなって、家に停滞して
住まう人に呪縛のように絡みついてくる。

お金とはエネルギー
お金も使われなかったら、そのエネルギーは不活性となっていく。
そこには、もう循環が起こらないことになる。

モノは、そのモノをメンテナンスして愛でられると
活性エネルギーとなり、そのエネルギーに人が寄ってくる。
大切に扱っているモノは、人も褒めてくれたり、大切に扱ってくれる。
住空間も同じ、その家には、人が集まってくる。

お金も、愉しい嬉しい想いで使うと
そのエネルギーは活性され、巡り巡っていく。

やましたひでこ著「自在期」P82

愉しみ喜びのエネルギーの満ちた時空間には、人もお金も
勝手に集まってくるに違いないですね。

だって、お金は集まるもの、それが、お金の性分だから。


==========




 

\ にほんブログ村に参加しています/

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへ 
 にほんブログ村

応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

6/25  青山にて、講演会
午後の部
断捨離、進めていますという方へ

 

image                  image

 

【講座のご案内】 

リヒトにおいて「断捨離®メクル集中コース」
44,000円

・7月 9日(土)・10日(日)・8日チェックイン

https://ws.formzu.net/dist/S21405082/
 

※7月「断捨離®メクル実践3回コース」
45,000円
対面講座(福岡市)



※断捨離®九州トレーナー会
断捨離九州.com
 

断捨離®九州トレーナー会メルマガ登録
よろしくお願いいたします。
こちらをクリックしてください↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【お知らせ】

✳️指宿リトリート会員募集
https://www.dansharizaidan.com/ibuseki-jizen

✳️九州断捨離®トレーナー会
http://断捨離九州.com/

 やましたひでこ公式You Tubeを見る

✳️ やましたひでこ公式メルマガ登録
https://yamashitahideko.com/

✳️   BS朝日『ウチ、断捨離しました!』
https://www.bs-asahi.co.jp/danshari/

毎週月曜日 BS朝日夜8:00〜
見逃し動画配信:TVer


 ✳️ 全国トレーナー活動がカレンダー形式で
ご覧いただけます。
断捨離トレーナー <カレンダー>

✳️ 一般財団法人断捨離
https://www.dansharizaidan.com

✳️ フォロワー募集中
Facebook 一般財団法人 断捨離

 


関連記事

  1. たわいもなく、とりとめもなく・・・生きていく

  2. いよいよ今夜、「皐月の密談」野村哲也氏&阪根博氏 in やま…

  3. 9割の人がやらなくていいことをやっている!

  4. Zoom疲れしています。

  5. まずは食から、沖縄こども食堂弁当応援します。

  6. その不安がモノへの執着心をかき立てるのです