「ま、私には関係ないですけどね。」客観と俯瞰の違い

やましたひでこ公認

   チーフ断捨離トレーナー 檀 葉子です。

 

 

 

 

断捨離に出会う以前、

今にして、やさぐれて主婦と例えていた頃。

友達なんていらない。

私に話しかけないで、

寄ってこないでオーラを出していた頃。

 

 

 

 

私の口癖は、

「めんどくさい。」

「私には、関係ない。」

だったんです。

 

 

 

 

 

言いたいだけ言って、

最後に「ま、私には関係ないけどね。」

と言う。

 

 

 

 

 

わお〜〜。

有無をを言わさず、関係を自ら切る。

なんという拒絶!

そんな拗ねたて時代があったのです。

 

 

 

 

 

共感もしなけれだ、受容もしない。

まさに、他人事と言った感じ。

 

 

 

 

 

先日のブログ

「裁きたくなる人がいる」

この自分に悶々と考えて、

感じていた時の続きです。

 

 

 

 

 

客観と俯瞰の違いについて

やましたひでこ著の「自在力」に

こう書かれています。

 

 

P122

===========

 

俯瞰は、少し引いた視点で温かい気持ちで

見ている。

客観は、共感もなければ、受容もない。

まさに他人ごとという感じ。

実際、直接かかわってなかったとしても

「関係ない」とはやはりどこか

言い切れないものがある。

それは、案外、素直に生きていれば、

誰でももっている感覚です。

 

 

 

 

いわば、「共感能力」あるいは「受容能力」

そこをもっと信用していいはず。

だからやっぱり「関係ない」は、

なんだかとても寂しいのです。

 

 

 

 

本来は、もっと視野を広げて、

同じ職場、同じ町内、同じ地方、同じ日本、

同じ世界、そして同じ地球人なんだから!

と言うふうにスケールを大きくして共感・受容

していく力すら、私たちはもっているのではないか。

 

 

 

 

言ってみれば、

俯瞰とは、何事も決して他人事にしない・できない視点。

 

なぜなら、自分の存在も含めた大きなフィールドとして

世界を認識し、自分も他者も重要な構成要素として

感じられる感性だから。

 

 

やましたひでこ「自在力」より

===========

 

 

私達は、どこまでも

この俯瞰することが苦手。

そして、俯瞰することができない。

 

 

 

 

 

「関係ない」が口癖だった私が、

「関係性」を問う断捨離に出会ったこと、

そして、それを訴求していこうとしている自分。

これは、天からの授かりモノなのかも

しれない。

これまた、今度は遅まきながらなのですが。

 

 

 

 

 

大阪の実践コースの受講者の受付を開始しました。

大阪『断捨離®めぐる実践3回コース

・金曜日コース 5月31日・6月14日・7月5日(金)

・土曜日コース 6月1日・6月15日・7月6日(土)

お申し込みフォーム ↓

https://ws.formzu.net/fgen/S95765389/

 

福岡 4月~6月『断捨離®めぐる実践3回

 4月コース  4月23日・30日・5月14日(火曜日) 10:00~13:00

 5月コース  4月28日・5月6日・5月19日(日祭日)

 6月コース  6月3日(月)・11日(火)・25日(火)

お申し込みフォーム ↓

https://ws.formzu.net/fgen/S871531/

 
 
 
『断捨離を始めてみよう』ランチ会

捨離についてどんなことでもお答えします。
人生を変えるきっかけになります。

・3月12日(火)
・4月 2日(火)・5月 1日(水)
時間はすべて11:30~13:30

参加費 ランチ代込み 4,000円

福岡市天神界隈詳細はこちら
http://danshari-dan.com/lp/201503/

 

 

※やましたひでこ断捨離講演・全国ツアー2019

 

image
 

 

お申し込み&ご予約はこちらから

https://pages.yamashitahideko.com/dntl2019/

 

 

※やましたひでこのメルマガがすごい!

 

いろいろな断捨離ブログが楽しめます。

ランキングに参加しています。

応援のぽちっ!

ありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへにほんブログ村

 


関連記事

  1. 好きなモノは捨てなくていい?!

  2. 「モノ軸」思考がむくむくと湧いてくる

  3. 繋がっているから感じる。

  4. 山の間伐、大根の間引き菜・・・。

  5. 断捨離は球状だから。

  6. チームメイトに恵まれて。

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
1月
19
11:00 AM 2020年1月、東京『断捨離®めぐる...
2020年1月、東京『断捨離®めぐる...
1月 19 @ 11:00 AM – 2:00 PM
2020年1月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』
2020年1月、東京『断捨離®めぐる実践3回コース』  全て満席になりました。キャンセル待ちを受け付けています。 ・日曜日コース    1月19日、2月9日、23日 ・平日コース       1月20(月)、2月10日(月)、21日(金)                              ・新設・平日コース  1月21日(火)、2月11日(火)、20日(木)             時間は、 11:00〜14:00   会場 :大門駅周辺(後ほどご連絡いたします)    参加費:45,000円    キャンセル待ちは、こちら https://ws.formzu.net/dist/S41193280/   【講座内容の詳細】 断捨離の基礎を学びながら21日間の継続実践を仲間とシェアしながら、断捨離の考え方を身につけていきます。   本来、この実践コースは、初めて断捨離に取り組む方を対象にしていました。   今回、東京では、断捨離実践1年以上の方を対象に参加募集いたします。(自己申告で大丈夫です)   1年以上、断捨離に取り組まれて、あらから土砂を出したと思われる方。  自分軸空間軸自在軸  いよいよ、そこへ進み、そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。  〜〜〜〜〜〜〜 断捨離のテキストの内容は、 モノとの関係Ⅰ~Ⅴ空間軸Ⅰ~Ⅲ意識Ⅰ~Ⅱ   実践3回コースは、まずは、徹底的にモノとの関係を問い、モノ軸から自分軸の確立をめざします。そのトレーニングが、実践です。    そして、だんだんと自分軸で考えることができるようになると、モノが減って、家が片づいてきてスッキリします。実は、それは、断捨離の目的ではありませんね。    それは、ほんの序章。 序章入り口かもしれません。断捨離の目指すは空間創り。    空間創りが生活に、人生に、自分のあり方に、自分の生き方に、反映していくのです。    なので、今回は、東京では、空間軸Ⅰ~Ⅴ、意識Ⅰ~Ⅱのほうに重点を置いてみようと考えています。    私はまだまだ先だわと思う必要はありません。    同じ裾野をぐるぐる回ってばかりでは、なかなか自分の場所は、自分ではわからないモノです。ちょっと高みと思われるとこから眺めてみるのもいいかもしれませんね。 キャンセル待ちは、こちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/