「キッチン断捨離」とは

ごきげんさまです。
断捨離正規トレーナーだんようこです。

先週からやましたさんと共に「食」を堪能させてもらった。
年齢的なせいか、野菜が食べやすくはあるけれど、
やましたさんも、本道さんも野菜だけにこだわりがあるわけではない。

本道さんは、マクロビテックのスタイルはとっているけれど、
その本意は、国や、宗教により食さない食材があるけれど、
野菜にはほとんどない。
野菜だったら、国境がない、一つになれると思うからだ。
本道さんの活動のフィールドは地球。

一緒に食事させていただいていると、
やましたさん何度もつぶやく。
「ヒトをごきげんにするのに”食”には、かなわないね~。」

そして、やましたさんの著書「キッチン断捨離」は、
キッチンを断捨離することではなく、
キッチンの断捨離を通して、「食」を考えよう・・・と、いう提案。

「食」とは、「命」そのもの。

そして、「おいしい」が、私達をごきげんにするのに、
もっとも確実で早いんですもの。

そのキッチンに立つ私達。
やっぱり、すっきりして使いやすいごきげんのキッチンだったら、
お気に入りの道具や食器たちに囲まれた場だったら、
そこで創り出す「おいしい」は、すごいパワーを持つように思います。

キッチンの断捨離を繰り返した私、実感したことでした。

 
熊本マクロビレストランにて

 
 福岡「わらの蔵」にて

 

人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!
   ↓

にほんブログ村



◆6月のダンシャベリ会はこちら?
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11180033610.html

◆6月のシャーリーによる「断捨離レッスン」はこちら
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11094733255.html


関連記事

  1. 頭が回ってない感あり、携帯編

  2. 食・・・視点の変化をいただく。

  3. 空間の心を感じる「桂離宮」・・人生が艶めく女達の断捨離塾2

  4. おさえてほしい、断捨離と掃除の効用

  5. 「間」の使い方はこの国の最も基本的な「掟」である

  6. 福岡西部の注意報