日常と非日常どっちもあり。

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

やれやれやれです
非日常だったお正月から
日常に戻りましょうか。

ところが、いざ日常に戻ると、
家事は、同じことの繰り返し
非日常が魅力的で楽しく感じる。

毎日同じことをしていたら、
飽きてくる、
そうすると旅行にでも行きたくなる。

旅行にいって帰ってきたら、
「やっぱり家が落ち着くね。」
なんて言っています。
どっちも必要なのです。

でもたんたんとした日常があっての非日常。
日常をしっかりしたものにしての非日常は、
よりお楽しみのはずです。

ベーシックセミナーの中の断捨離の位置取りを
思い出しました。
 
断捨離は、その日常をよりよくするもの。

そして、私達の土台、目に見えない自分自身と
繋がっている。
断捨離は、自分自身と自身の日常を繋ぐものです。

ところが私、断捨離に出会って飽きる日常ではなくなった。
日常が、こんなに楽しく心地よいものにだったとは、
たまに、びっくりすることもあったりして・・・・。

毎日、結構わくわくしています。



http://123direct.info/tracking/af/543866/pDUbiOPM/

一年の計は、一月から
◆2013年1月のシャーリーの『断捨離レッスン』はこちら?
あと1席
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11094733255.html



人気ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったようならクリックしてもらえると
うれしいです!

   ↓


関連記事

  1. 他人に時間とエネルギーを取られないために

  2. 開かずの間がカラオケルームに。

  3. なんにもないではなくてね「空間のアート」目指して。

  4. 「断捨離」は一般名詞化している。

  5. ワクワクします・・・そのとおり!

  6. 子供の悩みは、母親の執着なのか?