広告の束の中から

ごきげんまさです。
断捨離トレーナーだんようこです。

昨日は、開放感(?)を味わいました。
お役目終わって、放免された・・・感じかな。

お正月最初の断捨離は、5日ごろ
読み終わった新聞を束ねたことだったのだが、
 
年末年始の新聞って、広告の束!

え!全く見ないんですけど、購読料払っているの?
いやいや、広告主が払ってるのだった。

う~ん・・。
見ない人には、やってきてすぐゴミなのだ。 
まめに出さないと、すぐに溢れる古新聞。
週2回開くリサイクルBOXにすぐ持って行く。

でも、その中に・・・・
 
見つけちゃった!(旦那様がぽい!と投げ込んだのだな)

早速、昨日「レ・ミゼラブル」鑑賞に行ってきた。

私達の年代の人は、ほぼ中学生の頃に
「ああ、無情」という題で、本を読んでいる。
課題図書だったのかしら・・・。
感想文を書いて、それがどこかで入選した記憶がある。

だから、内容はすごく憶えていたのだけど。
でも、今の私が感じるところは以前の私とは全く違った。
あたりまえだけど・・・。

自分が、今問題としているのは、ここか・・と、分った。
やっぱりそうか・・・と、確認した。

『生きる意思』という部分

一年の計は、一月から
◆2013年1月のシャーリーの『断捨離レッスン』はこちら?
あと1席
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11094733255.html



人気ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったようならクリックしてもらえると
うれしいです!

   ↓


関連記事

  1. ヒトを生かさなければ、会社は生きていけない。

  2. 子供の笑顔、満月への祈り

  3. 母と私と娘と・・・。

  4. “ 片づけ ”が悩みから、しあわせに・・。

  5. 「もったいない」「めんどくさい」そのメリットは?

  6. 断捨離「信じて期待せず・・」とは?・・3月1日東京講演会