クローゼットにウェディングドレス!?

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

美容院に行った。
美容院で、昨年の「婦人公論」があって、
やましたひでこさんと森昌子さんの対談を、
再び眺めていたことから、
美容師さんと断捨離の話となる。

部屋は、モノでいっぱいで片づいていない、
やっぱり捨てられないと言う。

なにが捨てられないの?

3年前に着たウェディングドレスが捨てられないのです。

どうするつもり?
また着るの?

絶対着ない。
邪魔なんです。
どうしましょう?

あらら・・・じゃまなのね。

狭いクローゼットの中に、
かなりの場所を取っているのです。

なぜ、邪魔だと思っても処分できないと思う?

なぜだろう?絶対、着ないのに。

あれこれ手助けして、やっと彼女がわかったのが、
せっかく、親が買ってくれたモノだから、
捨てるのが親に悪いと思うと、言うことだった。

じゃあ、どうしたらいいと思う?
また、思考が進まない。

また、あれこれレクチャー、
親に感謝と、今困っている状況を伝え、
どうしようと、相談という形で、親の意向を確認することに。

今度、私が来る時までにちゃんとやります。
トレーニングとして、毎日お財布の中を片づけることを
喜んで宣言してくれた。

私は、長い美容院の時間を断捨離談義で、
短く感じることができた。
どこまで、断捨離談義好きなんだろう・・・。

なんて、ほんとうは30年間結婚式のお色直しで着たドレス
しまい込んでいた私でした。
 

一年の計は、一月から
◆2013年1月のシャーリーの『断捨離レッスン』はこちら?
あと1席
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11094733255.html



人気ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったようならクリックしてもらえると
うれしいです!

   ↓


関連記事

  1. ただ「捨てる」それを継続しただけなのに

  2. WaRaで 『笑顔になれる断捨離合宿』その1

  3. 待ちに待った川畑のぶ子さんのセミナー

  4. 断捨離乙女組小倉チームが誕生しました。

  5. 5月の朝の新緑と薫風は私の生活を貴族にする

  6. 手放そうかな・・と、思った時は。