え!…家族がモノを置く!

ごきげんさまです。
やましたひでこ公認断捨離トレーナーだんようこです。

断捨離の質問の中で、多いのは、

家族のモノが多くて・・・。

自分は、捨てられるけれど、家族が捨てられない。

自分が片づけても、家族が散らかす。

話し合ったのに、守ってくれない。

どうしたらいいでしょうか?

よく分かります。

いっそ、一人なら、すっきりするのに・・・。

自分の理想の住まいにできるのに・・・。

そう、思います。

それで、これを書いてみました。
「え!なんでそこに置くの?」


なんにも置いていなかった洗面台に、
これが・・・。

「え!ここに置いとくの?」


なんとなく、この辺がふさわしいのでは・・とただ、置いてある。

いつの間にか・・・・。

こんなことはありませんか?

さあ、どうしましょうか?

いままでは、なんで?なんで?と、
ふきげんな気持ちになったものです。

1日も待たず、そのことを指摘したはず。

モノは、自分との関係、
自分と家族との関係を如実に教えてくれます。

つづく。

ランキングに参加しています。

応援嬉しいです。⇊

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村


関連記事

  1. 夏は、心の制限を外し、解放していく時

  2. momoさんの「断捨離マラソン」・・・文房具

  3. 見じ目(惨め)・・・「見タクナイ」に目をつけたということ

  4. 思いはあれど、自ら「ありがとう、さようなら。」

  5. 山の間伐、大根の間引き菜・・・。

  6. 人生の断捨離の時を思う。