「今・ここ・私」毎日が悟り

今朝は、薄手の毛布を重ねたら、なんと心地よい!
冬の暖かいお布団の記憶が蘇ってきました。
だんだん目が覚めるのが遅くなりそうです。

朝日は、こんなところから見えるとこに移動




やましたひでこ断捨離®︎塾は、
宇宙にたどりつくための寝室とは?

「寝室の断捨離®︎」

 

やましたひでこ公認
          断捨離®トップトレーナー檀葉子です。

 

「今・ここ・私」

『無門関』
中国宋代(南宋)臨済宗楊岐派の禅僧無門慧開(1183~1260)によって著された公案集である。

雲門という修行僧が、評判を聞いて睦州禅師の元に参じた。
門を叩けど、なかなか門を開いてもらえない、
あきらめずに門を叩き続けて、3日後に門が開いた。

睦州禅師は、「何のためにやってきたか」と問う。
雲門は「はい、己事(自分という命の落ち着き処)を究明したくてやってきました」と応えた。
睦州は、雲門の胸ぐらを掴んで「さあ、言え、言え」と迫った。
雲門が呆然としていると「この、役立たずめ!」と言って、門から押し出し、門をしめた。

雲門の片足が門内に残り、門に挟まれて足を骨折してしまった。
その刹那に雲門は、はっきりと悟った(「今・ここ・我が身」に復帰できた)

 

雲門は、足を挟まれたその時に「今・ここ・私」を悟ったのです
>雲門の胸ぐらを掴んで「さあ、言え、言え」と迫った。
これは、左脳を使うな、「今出る言葉を言え」ということ。
「今・ここ・私」とは、今、感じていることをジャストな言葉で表現すること
ここでは、「痛い!」ということ。

 

私たちは、感じたことに、頭(左脳)で考えて、言葉で意味づけをしようとします。
怒っちゃいけない、辛いと言ってはいけないとか、
どうして?なぜ?こんなこと思うのだろう? 感じるのだろう? 
カッコ悪いとか、バツが悪いとか、
性格がとか 過去の記憶がとか・・・。
自分勝手な意味づけをすればするほど、悩みとなっていく。
これらは、大好きな分析病ですね。

禅僧などの修行は、激しく厳しいですよね。
悟るとは、そんな究極の瞬間なのだと思いました。

「今・ここ・私」とは、「今、ここ」で感じたこと。
それをジャストな言葉で発した時に「私」がいる。

「今・ここ・私」は、刹那(瞬間)
だから、何度も何度も、繰り返し感じることですね。

目の前のモノ・コトに向き合い、感じること、それを言葉で発すること。

何度でも、「今・ここ・私」に戻る断捨離でトレーニング。
さあ、日々悟りを積み重ねていきましょう。

 

 

檀葉子の講座11月・12月募集中
近くの方も遠くの方もお会いできますように。

 
 

\ にほんブログ村に参加しています/

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへ 
 にほんブログ村

応援のぽちっ!励みになります
色々な断捨離ブログが読めますので
ぜひクリックしてご覧ください。

 
 

 友だち追加

ここからスタートします。
どうぞ、楽しんでくださいませ。
 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【お知らせ】

✳️指宿リトリート会員募集
https://www.dansharizaidan.com/ibuseki-jizen

✳️九州の断捨離®トレーナー達
http://断捨離九州.

やましたひでこ公式You Tubeを見る

✳️ やましたひでこ公式メルマガ登録
https://yamashitahideko.com/

✳️   BS朝日『ウチ、断捨離しました!』
https://www.bs-asahi.co.jp/danshari/

毎週火曜日 BS朝日夜9:00〜
見逃し動画配信:TVer

✳️ 全国トレーナー活動がカレンダー形式でご覧いただけます。
断捨離トレーナー <カレンダー>

✳️ 一般財団法人断捨離
https://www.dansharizaidan.com/trainer

✳️ フォロワー募集中
Facebook 一般財団法人 断捨離

 

 


関連記事

  1. 2018年「断捨離マラソン」リプレィ予告

  2. なぜこうも天を仰ぐ?

  3. フリーランスの仕事だからこそ、ここ!

  4. 「蜘蛛の糸」から

  5. 「なぜ暮らしに哲学が必要か」の探求

  6. 入れ替える・・・人生を謳歌するために