ミキサーが6台ありました!?

ごきげんさまです。
断捨離正規トレーナーだんようこです。

4月の『断捨離レッスン』最終日。
『断捨離レッスン』は、何度でも参加は自由。

2クールめを終わったぴよさん。
お仕事をしながら、レッスンと共に確実に
断捨離を実践してくださった。

キッチンの手の届かない一番上の収納棚を
空にできた。

そこに入っていたものは、すし桶、ホーローやステンレスのなべ類
そしてなんとミキサーが6台

いただき物や景品で、ミキサーが集中した・・・・?らしい。

すぐに他の必要な人に渡せる状況だったのに、それもしなかったのは、
家に、そんなにあることすら忘れていた。
いかに、持ち物に無自覚だったかを知りました。と。

ミキサーが6台って珍しいなぁ。
それって、ぴおさんにいろんなことをがんがん回せってことかな。
6件くらい、一緒に回せ?なんてね。

ボールも10個以上捨てて、
今の自分にちょうどいい、鍋2個、ボール2個、フライパン2個
になったそうです。

どんだけキッチンのスペースがスッキリしたか、想像できますね。

そして、ぴおさん私の強い教え(?)をわかってくれて、
以前は空になったら、なにを置こうか探していたけど、
ないもおかない、空間のまま空間を置くのですね。と
スッキリ感を感じてくれたようです。

『断捨離レッスン』は、一人一人のペースでサポートします。


(我が家の庭花シリーズ

お知らせ

あと2席あります。
◆5月のシャーリーによる「断捨離レッスン」はこちら
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11094733255.html


【断捨離ベーシックセミナー】in熊本
九州では、数少ないベーシックセミナーです。
やましたさんから本当の断捨離を学ぶチャンス。
今がタイミングと思う方は、熊本でお会いしましょう!
問い合わせはこちらに。  sharly55@mail.goo.ne.jp


※やましたさんとの会話からの気づき、
セミナーレポート、福岡断捨離会の報告などお伝えします。
メルマガ会員募集中! ご登録は、こちらから!
(福岡断捨離会の会員登録も兼ねています)

人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです! 
   ↓

にほんブログ村

◆福岡断捨離会イベント
すぺしゃるなダンシャベリ会は「本道さんのミラクルランチ」
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11113697670.html

◆4月、5月のダンシャベリ会はこちらから
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11180033610.html



関連記事

  1. 「常識を否定すると、子どもは人の話を聴く」そう思う!

  2. たくさんの断捨離ストーリーに立ち会える感動。

  3. 期待に応えようとしていた。

  4. Do 断捨離

  5. 思いをはせる人がいる幸せ。

  6. どんどん繁殖するかのよう。

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
9月
15
12:00 PM 東京にて2講座の開催おしらせ。
東京にて2講座の開催おしらせ。
9月 15 @ 12:00 PM – 3:00 PM
東京にて2講座の開催おしらせ。
東京9月『断捨離®めぐる実践3回コース』 満席になりました。   断捨離のベーシックの理論を学びながら21日間の継続実践で仲間とシェアしながら、断捨離を身につけていきます。  本来、このコースは、初めて断捨離に取り組む方を対象にしていました。今回、東京では、断捨離実践1年以上の方を対象に参加募集いたします。(自己申告で大丈夫です)  1年ほど断捨離に取り組まれて、あらから土砂を出したと思うわれる方。 モノ軸時間軸自分軸空間軸へ いよいよ、選び抜いていくこと。そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。     東京「断捨離®日常あるある塾」5回講座 満席になりました。  暮らしの中の「あるある」ネタからみんなで共有して愉快に思考をレベルアップさせていきましょう。例えば、具体的な事例から(例、お財布)抽象的な事例(例、思い込み)など、みんなでわいわい発言しながら作っていきましょう。  私達は、日頃、飲み込んでしまう気持ちがあるはずです。それをどこで、出していますか?言葉にして外に出す。 気持ちを出す。この効果は、絶大なものです。  私は、ここを「ハイパワーダンシャリ会」と名付けています。   【講座の形態】 ・2012年からの私が選んだやましたひでこのブログ・メルマガの文章を読んで、自分が感じたことを、言語化して発表します。  シェアの時、きっとうまく言語化できずに、もどかしい、恥ずかしい、落ち込むを体験するかもしれません。それを感じることが大切です。  ・出題された資料を元に考えているのですが、それぞれの日常の起こっているコト抱えていることに繋がっていくから不思議です。  ほとんどの問題の根底にある人間関係は、言葉の解釈の仕方や出し方でで あなたの中で、大きく変換され、解消していく可能性があります。それに、ご一緒にチャレンジいたしましょう。