秋の花火大会

ごきげんさまです。
断捨離トレーナーだんようこです。

稲刈りの終わったこの時期、
家の近所では、毎年豊穣祭が行われる。

派手にいこ~~!
 


 
 
稲刈りの終わった田んぼで、派手に打ち上げ花火!
すぐそこ!  観客は町内の人達。
めちゃくちゃ派手でした。
 

今年の実りを感謝するお祭りが
各地であってることだろう。

自然の恵みに感謝・・・。
人間が誕生してから
自然と共に生きてきた。
自然の恵みがあって生きてこれた。
それは、本当に感謝だ。

感謝知らずの女だった私が、
断捨離に出会って、
今の私の感謝の意味が分った。

今年の私の実りは、
感謝の意味を知ったことかもしれない。

自分に感謝、その意味は壮大です。

緊急特別講座を開催します
とにかく、年内に家の状態を何とかしたいと
思っている方に。

11/8(木)断捨離入門(だんようこ)&具体的アドバイス(ふれんず)
http://rinstyle.yoka-yoka.jp/e907706.html

12/1(土) 福岡断捨離会 同窓会&忘年会告知!!
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11383153112.html

11月の『断捨離レッスン』は、7日・14日・28日(水)開催
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11094733255.html

◆11/6.10の福岡のダンシャベリ会はこちら?
http://ameblo.jp/danyouko/entry-11180033610.html

佐賀のダンシャベリ会 by チョコのん
http://blog.goo.ne.jp/0419choconontan/e/ff7b75f99cedaaf3f320e45e83ce45dd

 ◆11/16シャーリーの『Wake up by断捨離 in 山 陰
http://ameblo.jp/fuko2525/day-20120917.html

人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!
   ↓


関連記事

  1. 180度転回すれば、見える景色が変わる・・あたりまえか。

  2. 旅の2週間、先送りされて捨てたモノ

  3. てっぺんを目指す人達。

  4. 毎日通る救急サイレンに思う。

  5. 根拠はないから都市伝説って・・・怖くありません。

  6. 福岡で初!やましたひでこの講演会

断捨離を始めてみようよ
メールアドレス(必須)
お名前





セミナー・講演会 スケジュール

直近のイベント
2月
2
1:00 PM 2020年2月、京都『断捨離®めぐる実...
2020年2月、京都『断捨離®めぐる実...
2月 2 @ 1:00 PM – 4:00 PM
2020年2月、京都『断捨離®めぐる実践3回コース』
2020年2月、京都『断捨離®めぐる実践3回コース』     2020年2月2日・3月8日・29日(日曜日) 満席          時間は、 13:00〜16:00 会場 :   京都テルサ http://www.kyoto-terrsa.or.jp/parking/  追加で平日開講 2月3日・3月9日・30日(月曜日)               9:30~12:00 (そのあとランチ) 会場 : 2月3日      京都テルサ   http://www.kyoto-terrsa.or.jp/parking/      3月9日・30日     ハートピア京都   http://heartpia-kyoto.jp/access/access.htm             参加費:45,000円  お申し込みはこちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/   【講座内容の詳細】 断捨離の基礎を学びながら21日間の継続実践を仲間とシェアしながら、断捨離の考え方を身につけていきます。   自分軸空間軸自在軸  いよいよ、そこへ進み、そこから、次の山を登ることを目指していきましょう。  さあ、断捨離の空間の力を知るために、ご一緒に学んでいきましょう。  〜〜〜〜〜〜〜 断捨離のテキストの内容は、 モノとの関係Ⅰ~Ⅴ空間軸Ⅰ~Ⅲ意識Ⅰ~Ⅱ   実践3回コースは、まずは、徹底的にモノとの関係を問い、モノ軸から自分軸の確立をめざします。そのトレーニングが、実践です。    そして、だんだんと自分軸で考えることができるようになると、モノが減って、家が片づいてきてスッキリします。実は、それは、断捨離の目的ではありませんね。    それは、ほんの序章。 序章入り口かもしれません。断捨離の目指すは空間創り。    空間創りが生活に、人生に、自分のあり方に、自分の生き方に、反映していくのです。    なので、今回は、東京では、空間軸Ⅰ~Ⅴ、意識Ⅰ~Ⅱのほうに重点を置いてみようと考えています。    私はまだまだ先だわと思う必要はありません。    同じ裾野をぐるぐる回ってばかりでは、なかなか自分の場所は、自分ではわからないモノです。ちょっと高みと思われるとこから眺めてみるのもいいかもしれませんね。     お申し込みはこちらhttps://ws.formzu.net/dist/S41193280/