羽毛布団にくるまり思うこと。

ごきげんさまです。

断捨離正規トレーナーだんようこです。

急に気温が下がって、ちょっと寒ささえ感じる。

先週タオルケットから突然、薄手のの羽毛掛け布団に変わった。

う~~ん、なんともあったかい、軽くていい感じ。

布団を掛けだすと、去年ダンシャった布団 のことを思い出す。

30年近く持って回ったので、まだ記憶から消えない。

その途中、やっぱり使おうと気を取り直して、布団の「うち直し」(←この言葉も今はない?)

に数万円。    でもやっぱり使わなかった。

捨てるの発想がなかったので、何度も圧縮袋に入れてまた出して、また入れる。

圧縮袋も年々良くなって、買い換える。

はあ~~~~、こんなことしてたんだなぁ。   なんで~~~。

転勤の度に金襴緞子の布団を背にしょって、両手は子供の手をひいて、

よたよた、ぜいぜい歩いていた姿が思い描ける・・・・くくく。

溜息でるけど・・・今となっては、笑える。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
人気ブログランキングに参加しています。記事が参考になったようならクリックしてもらえるとうれしいです!


関連記事

  1. 豪邸に住みながら100均の食器を使う、なぜ?

  2. 「写真」大切な思い出という刷り込み?

  3. 子供に追われる日々だけど、つつがなくさらさらと暮らしが流れて…

  4. まじまじと、振り返ることになった5年前・・・ひゃ〜。

  5. 大分ファミリーによる「Let’s断捨離」in宇佐…

  6. そこにいるだけで。