50代は、もう一度、産道をくぐる。

ごきげんさまです。

やましたひでこ公認断捨離トレーナーだんようこです。

 

50代からたのしいこと。

いろんな荷物を降ろしたら なんにもなかった。

なんにもないは、なにもないのではなく

心の自在があったってこと。

 

 

40代は、一番忙しかった。

それは、焦っていたから。

 

こんなはずではなかった・・・

子供が成長して家を出て行ってしまったら・・・

このまま、歳をとっていったら・・・。

 

やがて、必ずやってくる未来、

そこになんとか事前に準備をすべきだと思っていた。

いろいろな情報を取り入れ、

いろいろなモノを準備した。

身体にもいいものと言われるモノを取り入れた。

その結果、私の人生で一番太っていた。

 

そして、時期がやってきて、

断捨離が舞い降りてきた。

 

50代、それに素直に習っていったら、

すべて、過去からの思い込みと 未来への不安だったと気がついた。

 

そして、手放し、なんにもなくなった・・・思い込みも不安も。

いろんな本にも書いてある、

『50歳からが女の黄金期』

 

もう一度、産道をくぐる。

ちょっときつい。

まさに、断捨離は、

50歳から新しい自分に 産まれる変わるための お産婆さん(古い!)

の役目をしてくれた。

しかも、かなり有能凄腕なお産婆さんだった。

 

50歳からラクになる人生の断捨離 祥伝社

ただ今増版中!

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援のクリックしてもらえると

うれしいです!

  ↓↓


関連記事

  1. 新緑に誘われて断捨離、そして、WaRaへ。

  2. 何百年も繋いで来た空気感・・人生が艶めく女達の断捨離塾3

  3. 《関西★夏の大ダンシャベリ会》に向けて。

  4. 喪服は、どうしてますか?

  5. 見えないけれど、でも知っている私。

  6. 服を選ぶ基準は?